Gimpで文字に縁取りを付ける&縁取りにぼかしを入れる方法

公開日: 2016年05月13日


gimp-bordering-top

 

画像加工で最もよくおこなう作業のひとつ。それが文字装飾です。

中でも、文字に縁取りを付ける作業は特に頻繁におこないます。

 

文字の縁取りとは、こちら↓の画像に挿入されている「GIMP」という文字の周りに施されている、ふわっとした白い影のようなもののこと。

gimp-bordering-001

 

 

文字に縁取りを付ける方法を覚えておくと、画像加工で出来ることの幅が非常に広がりますので、ぜひ覚えておきましょう。

当記事では、無料の画像加工ソフトであるGimpを使って、文字の縁取りの基本的なテクニックと、上の画像のような縁取りにぼかしを施す方法をご紹介します。

 

※Gimpが最新バージョンになっていない場合は、こちらの記事を参考にしてバージョンアップしておくことをオススメします。


Gimpを最新バージョンにアップデートする方法

 

 

― 目次 ―

1. 基本的な文字の縁取り

・1-1. 文字を入力する

・1-2. 縁取りを付けたい文字を選択する

・1-3. 縁取りの大きさを決める

・1-4. 縁取り用のレイヤーを追加する

・1-5. 縁取りの色を追加する

2. 縁取りにぼかしを入れる方法

・2-1. ぼかしの量を調整する

・2-2. 縁取りの色を追加する

3. まとめ

 

 

1. 基本的な文字の縁取り

はじめに、文字の縁取りの基本形からご紹介していきます。

後ほどご説明する「縁取りのぼかし」は、この基本形に作業工程がひとつ増えるだけなので、まずはしっかりとこちらの基本形を押さえておきましょう。

 

 

1-1. 文字を入力する

まず、ツールボックスの中から「テキスト」というツールを選択し、文字を入力します(※ここでは「GIMP」と入力してみます)。

gimp-bordering-002

 

 

文字の大きさや書体などを変更したい場合は、文字を全てドラッグし、ダイアログ内の書体や数値等を変更して下さい。

gimp-bordering-003

 

 

1-2. 縁取りを付けたい文字を選択する

文字を入力するとテキストレイヤーが追加されますので、そこにカーソルを合わせて右クリックをし、「不透明部分を選択範囲に」を選択して下さい。

gimp-bordering-004

 

 

するとこのように、入力した文字が選択された状態になります。

gimp-bordering-005

 

 

1-3. 縁取りの大きさを決める

次に、画面上部のメニューバーにある「選択」の中から、「選択範囲の拡大」をクリックして下さい。

gimp-bordering-006

 

 

すると、選択範囲の拡大量を調整するダイアログが表示されるので、お好みの数値に変更し、「OK」をクリックします。ここに入力する数値が大きければ大きいほど、縁取りが大きくなります。

gimp-bordering-007

 

 

1-4. 縁取り用のレイヤーを追加する

次に、上部のメニューバーの「レイヤー」の中から、「新しいレイヤーの追加」をクリックして、新規レイヤーを追加します。

gimp-bordering-008

 

 

新規レイヤーのダイアログが表示されるので、「レイヤーの塗りつぶし方法」を「透明」にして、「OK」をクリックして下さい。

gimp-bordering-009

 

 

「透明」のレイヤーなので、見た目は何も変わりませんが、よく観ると新しいレイヤーが追加されています。

gimp-bordering-010

 

 

しかし、いま追加した新規レイヤーがテキストレイヤー(「GIMP」と書かれているレイヤーのこと)の上層に追加されてしまっているので、新規レイヤーをテキストレイヤーの下層にドラッグ&ドロップで移動して下さい。

gimp-bordering-011

 

 

1-5. 縁取りの色を追加する

いよいよ最後の工程です。

「描画色」をクリックすると「描画色の変更」ダイアログが開きますので、縁取りに使いたい色を選択して、「OK」をクリックして下さい。

gimp-bordering-012

 

 

メニューバーの「編集」の中から、「描画色で塗りつぶす」をクリックすれば、縁取りに色が加わります(※この時必ず、追加した「新規レイヤー」が選択されていることを確認して下さい)。

gimp-bordering-013

 

 

最後に、メニューバーの「選択」の中にある「選択の解除」をクリック。

gimp-bordering-014

 

 

文字に縁取りを付けることができました。

gimp-bordering-015

 

 

2. 縁取りにぼかしを入れる方法

次に、文字に加えた縁取りにぼかしを入れる方法をご紹介します。

冒頭でもお伝えした通り、いまおこなった「基本形」に作業工程がひとつ増えるだけなので非常に簡単です。

 

ひとまず、「1-4. 縁取り用のレイヤーを追加する」まで進めて下さい。

 

 

2-1. ぼかしの量を調整する

「1-4. 縁取り用のレイヤーを追加する」まで進めましたでしょうか?

恐らく、新規レイヤーをテキストレイヤーの下に移動したところまで進んでいるかと思いますが、今度はメニューバーの「選択」の中から「境界をぼかす」を選択して下さい。

gimp-bordering-016

 

 

ぼかす量を調整するダイアログが表示されるので、好みの数値に変更し、「OK」をクリックします(※ここでは例としてぼかしの量を「15.000px」にしてみます)。

gimp-bordering-017

 

 

2-2. 縁取りの色を追加する

「描画色」をクリックすると「描画色の変更」ダイアログが開きますので、縁取りに使いたい色を選択して、「OK」をクリックして下さい。

gimp-bordering-018

 

 

メニューバーの「編集」の中から、「描画色で塗りつぶす」をクリックすれば、縁取りに色が加わります(※この時必ず、追加した「新規レイヤー」が選択されていることを確認して下さい)。

gimp-bordering-019

 

 

最後に、メニューバーの「選択」の中にある「選択の解除」をクリック。

gimp-bordering-020

 

 

文字の縁取りにぼかしを入れることができました。

gimp-bordering-001

 

 

3. まとめ

世の中を見回してみると、「文字の縁取り」は実に様々な場面で使われています。

ウェブサイトで使われている画像だけでなく、テレビ、雑誌、新聞の折込みチラシなどなど…。ちょっと意識してみるだけで、たくさんの「縁取り」を見つけることができます。

 

特に、バラエティ番組のテロップ(出演者が発した言葉などが画面の下あたりに文字で表示されるやつ)はかなり凝った文字装飾がされていますのでよく観察してみましょう。

こういったものを積極的に参考にすることで、画像加工スキルが格段にアップしていきます。

 

“Gimpで文字に縁取りを付ける&縁取りにぼかしを入れる方法”へ1件のコメント

  1. ryouji より:

    こんばんは。いつもありがとうございます。

    縁取りをすることで印象が変わりますね。

    いろんなところで見つけてみたいです。

    応援して帰ります。

コメントを残す

サブコンテンツ
ページトップへ戻る ページエンドへ進む