下克上&PRIDE実践者要注意!So-netブログのアドセンス広告がスマホで表示されない件について

公開日: 2016年02月08日


adsense-hide-top

 

Googleアドセンスのアカウントを取得するにはアドセンス審査用のブログを用意する必要があります。審査用のブログに一番最適な無料ブログサービスとして、当サイトではSo-netブログをオススメしていますが、これは数々のトレンドアフィリエイト教材でも推奨されています。

 

トレンドアフィリエイトの教材と言えば「下克上」と「PRIDE」が特に有名ですが、これらの教材の中で解説されている通りにアドセンス広告コードをSo-netブログに設定してしまうと、実はとんでもない機会損失が起こってしまう可能性があるんです。

 

それが、まさに当記事のタイトルでもある、So-netブログへ設置したGoogleアドセンス広告がスマートフォンでは表示されないという問題です。(※PCで見ると問題なくアドセンス広告が表示される。)

 

ブログのジャンルによっては、アクセスの80%以上がスマホからとも言われている昨今、キャッシュポイントのGoogleアドセンス広告が表示されないというのは痛すぎます。

 

そこで当記事では、この問題の原因と具体例、さらには問題の解決方法について、できる限り詳細に解説していきたいと思います。

 


誤解の無いように先にお伝えしておきますが、「So-netブログへ設置したGoogleアドセンス広告はスマートフォンでは一切表示されない」のではありません。

この問題が起きるのは、あくまで、冒頭でご紹介した「下克上」や「PRIDE」といった、トレンドアフィリエイトの教材で解説されている通りに設定した場合です。

当記事の後半でご紹介するような方法でアドセンス広告コードをSo-netブログに設置している場合は、スマホでもきちんと表示されますのでご安心下さい。

 

 

目次

1.原因はSo-netブログの仕様変更

2.スマホ表示されないだけで報酬が90%減?

3.問題の修正

・3-1.HTML内に挿入している広告コードを削除する

  3-1-1.「初期値に戻す」を使って削除

  3-1-2.手作業で削除

  3-1-3.サイドバーのアドセンス広告削除

・3-2.記事にアドセンス広告コードを挿入する

  3-2-1.挿入するコードをまとめておく

  3-2-2.公開済みの記事に広告コードを挿入する

4.注意事項

・4-1.メリット(トップページにアドセンス広告が表示されるようになる)

・4-2.デメリット(トップページに4つ以上のアドセンス広告が表示される)

5.まとめ

 

 

1.原因はSo-netブログの仕様変更

まず初めに、当記事の主題である「So-netブログへ設置したGoogleアドセンス広告がスマートフォンでは表示されない」という問題について、もう少し詳しくご説明します。

 

多くのトレンドアフィリエイト関連の教材では、So-netブログの記事ページを構成するHTMLコードの中へアドセンス広告コードを挿入するようにと説明されています。

adsense-hide-001

 

以前は、教材で説明されているこの↑やり方でも問題なくアドセンス広告が表示されていました。

 

しかしその後、So-netブログの仕様が変更されてしまい、教材で説明されているアドセンス広告コードの設置方法だと、「So-netブログへ設置したGoogleアドセンス広告がスマートフォンでは表示されない」という問題が起こるようになってしまったのです。

 

 

2.スマホ表示されないだけで報酬が90%減?

(冒頭でも触れた通り)ブログのジャンルによって多少の差はあるものの、ブログへのアクセスの80%以上はスマホからのものであると言われています。

 

僕が運営しているトレンドアフィリエイトサイトに関しても、ご覧の通り↓アクセスの約90%がスマホからとなっています。

adsense-hide-002

 

 

スマホユーザーに対してアドセンス広告が表示されないということは、もちろんその分のアドセンス報酬が発生していないということになります。

 

スマホユーザーからの報酬が含まれていない時のアドセンス報酬が仮に月1万円とするならば、この1万円は単純にPCとタブレットからのアクセス(約10%)で稼いだ報酬ということになります。

 

もし仮に、スマホユーザーに対してもきちんとアドセンス広告が表示されていたとすれば、さらに9万円の報酬が発生していた可能性がある訳です(非常に単純な計算ですが…)。

 

いかがでしょう?

 

本来得られていたかも知れない報酬が、こんなに大きな金額になるという事実…。

adsense-hide-003

 

 

このままの状態を放置しておくのはあまりにも勿体ないので、以下の解説を参考にして、今すぐに修正しておきましょう。

 

 

3.問題の修正

先に修正作業の大まかな流れをざっとお伝えしておきます。

 

手順は大きく分けて二つ。

 


①教材を参考にして挿入したSo-netブログ内のアドセンス広告コードを一旦削除する

②ひとつひとつの記事に直接アドセンス広告コードを挿入する

 

ざっとこんな感じです。

 

「ひとつひとつコード挿入て…。すでに100記事以上もアップしてるんですけど…。」という方もいるかも知れませんね。

 

しかし現時点では、問題を解決できる方法がこれしかありませんので、残念ながら気合いで修正していくしかないです。

当然、いきなり全ての記事を修正するのは大変だと思いますので、まずはアクセスを多く集めている記事から徐々に修正していくことをオススメします。

 

 

3-1.HTML内に挿入している広告コードを削除する

それではまず、いまSo-netブログに設置しているアドセンス広告コードを削除していくところから始めていきましょう。

こちら↓のリンクをクリックして、So-netブログの管理ページへ移動して下さい。


So-netブログ 管理ページ

 

 

管理ページを開いたら、「デザイン」→「レイアウト」→「記事」→「コンテンツHTML編集」の順に進んでください。

adsense-hide-004

adsense-hide-005

 

 

ここに書かれているHTMLコードは、「記事ページ」を構成するHTMLです。

adsense-hide-006

 

 

この↑HTMLコードの中に、アドセンス広告コードのみを挿入している方は「3-1-1.「初期値に戻す」を使って削除」を、アドセンス広告コード以外にも何か他のカスタマイズしている方は「3-1-2.手作業で削除」を参考にして、アドセンス広告コードを削除してください。

 

 

3-1-1.「初期値に戻す」を使って削除

いま開いているコンテンツHTMLの編集画面の下にある、「初期値に戻す(現在:カスタマイズ)」にチェックを入れ、左隣の「保存」クリックしてください。

adsense-hide-007

 

 

「編集を完了しました。」と表示されたら、右上の「×」をクリックしてコンテンツHTML編集画面を閉じます。※ブラウザの「×」ではありません!

adsense-hide-008

 

 

管理ページに戻ったら、こちらのページ内の「設定を保存する」もクリックしましょう。

adsense-hide-009

 

 

ひとまずこれで、アドセンス広告コードを削除することができました。

※次の「3-1-2.手作業で削除」は飛ばして、「3-2.記事にアドセンス広告コードを挿入する」に進んでください。

 

 

3-1-2.手作業で削除

「コンテンツHTML編集」まで進んだら、HTMLコードの中に挿入されているアドセンス広告コードを削除していきます。

 

アドセンス広告コードが挿入されている場所が分かったら、「スポンサードリンク(※人によって表記の仕方が違うと思います)」等の部分も含めてコードを削除しましょう。※「下克上」や「PRIDE」などの教材を参考にした方は、念のため教材を確認して、アドセンス広告コードを挿入した場所を探してみてください。

adsense-hide-010

 

 

削除したら「保存」をクリック。

adsense-hide-011

 

 

「編集を完了しました。」と表示されたら、右上の「×」をクリックしてコンテンツHTML編集画面を閉じます。※ブラウザの「×」ではありません!

adsense-hide-012

 

 

管理ページに戻ったら、こちらのページ内の「設定を保存する」もクリック。

adsense-hide-013

 

これで、アドセンス広告コードを削除することができました。

 

 

3-1-3.サイドバーのアドセンス広告削除

So-netブログのサイドバーにもアドセンス広告コードを設置している場合は、そちらも削除してください。

adsense-hide-014

 

 

「管理ページ」→「デザイン」→「レイアウト」と進み、サイドバーの中に設置しているアドセンス広告コードのコンテンツを「×」をクリックして削除してください。削除できたら「設定を保存する」をクリック。

adsense-hide-015

 

サイドバーのアドセンス広告はこれだけで削除完了です。

 

 

3-2.記事にアドセンス広告コードを挿入する

「3.問題の修正」でも少し触れましたが、So-netブログに設置したアドセンス広告がスマホでも表示されるようにするには、アドセンス広告コードを直接記事に挿入しなければいけません。

 

投稿済みの記事が数十記事以上ある場合は、アクセスを多く集めている記事から優先的に修正していきましょう。

 

 

3-2-1.挿入するコードをまとめておく

効率よく修正作業を進めていくために、「スポンサードリンク」、「改行コード(</br>など)」、「アドセンス広告コード」を、あらかじめメモ帳などにまとめておくことをオススメします。

adsense-hide-016

 

 

さらに、「記事中(なか)用」、「記事下(した)用」といった感じで、広告を設置する場所ごとに、それぞれのコードをまとめておくと尚良いと思います。※ご自身で一番やりやすい方法を考えてみて下さい。

adsense-hide-017

 

 

3-2-2.公開済みの記事に広告コードを挿入する

それでは実際に、すでに公開済みの記事本文の中へアドセンス広告コードを挿入していきましょう。

 

管理ページの中から「記事管理」をクリックすると、「記事一覧」が表示されます。

adsense-hide-018

 

 

記事の「閲覧数」が多い記事から修正していきましょう。記事のタイトルをクリックしてください。

adsense-hide-019

 

 

「記事の編集」ページで、アドセンス広告を表示させたい場所へアドセンス広告コードを挿入していきます。

adsense-hide-020

 


スマホのファーストビュー(一番最初に表示される部分)にアドセンス広告が表示されてしまうと、アドセンス規約違反になりますので、記事の上にはアドセンス広告コードを挿入するのは止めておきましょう。

 

 

コードを挿入したら「プレビュー」をクリックして、アドセンス広告の表示位置を確認しましょう。問題なければ「保存」をクリックしてください。※「保存」をしていない状態ではスマホの表示確認はできません。

adsense-hide-021

 

 

また、念のため、お手持ちのスマートフォンでも表示確認をおこなってみて下さい。

adsense-hide-022

 

 

ちなみに、So-netブログをスマホで見ると、So-net側の広告がたくさん表示されます。So-netの有料会員になることで、一部の広告を非表示にすることができるようですが、全ての広告を非表示にすることはできないようです。

adsense-hide-023

 

 

4.注意事項

ひとつひとつの記事に直接アドセンス広告コードを挿入することで、スマホでもアドセンス広告が表示されるようになった訳ですが、実はその他にメリットがもう一つ。

 

…と同時に、デメリットも一つ増えます(※デメリットは修正できますのでご安心ください)。

 

 

4-1.メリット(トップページにアドセンス広告が表示されるようになる)

まずメリットについて。

それは、So-netブログのトップページにもアドセンス広告が表示されるようになったことです。

 

教材に書かれている方法は、記事ページを構成するHTMLコードの中にアドセンス広告コードを挿入するやり方なので、それぞれの記事を開かないとアドセンス広告は表示されませんでした。

adsense-hide-024

 

 

しかし今回、それぞれの記事に直接アドセンス広告コードを挿入したため、ブログのトップページを表示した時にもアドセンス広告が表示されるようになったのです。

adsense-hide-025

 

 

単純に、広告が表示される機会(インプレッション)が増えるため、若干のアドセンス報酬のアップが期待できます。

 

 

4-2.デメリット(トップページに4つ以上のアドセンス広告が表示される)

次にデメリットについて。

デメリットというのは、ブログのトップページを表示した時に4つ以上のアドセンス広告が表示されてしまう(場合がある)というものです。

 

例えば、トップページに表示される記事数が10記事に設定されている場合、「各記事に挿入したアドセンス広告×10(記事数)」のアドセンス広告がトップページに表示されてしまいます。

adsense-hide-026

 

 

アドセンス規約では、アドセンス広告は一つのページに3つまでと決められていますので、もしトップページに表示される記事数が2つ以上になっている場合は、表示される記事数を1つに減らしましょう。

 

1ページあたりに表示させる記事数の減らし方は簡単です。

 

So-netブログの管理ページの「設定」をクリックすると、基本設定というページが開きます。すると、ページ中ほどに、「トップページ表示件数」という部分がありますので、数字を「1」に変更し、「設定を保存する」をクリックしてください。

adsense-hide-027

 


記事を「カテゴリー分け」している場合や、ブログのサイドバーに「月別表示」を設置している場合は、「カテゴリー別表示件数」と「月別表示件数」の数字も「1件ずつ表示」にしておきましょう。

 

 

5.まとめ

当記事でご説明した修正をおこなったことで、無事にPC・スマホ両方でアドセンス広告が表示されるようになったはずです。

 

しかし、So-netブログも所詮は無料ブログサービスです。

今回のような、ブログサービス側の仕様変更によって損失を被ったとしても、無料で使わせてもらっている以上、文句は言えません。

 

現時点ではまだ、So-netブログでアドセンス広告を貼ることは問題ありませんが、今後So-netブログがアドセンス禁止になる可能性がまったく無いとは言い切れませんので、無料ブログを使い続けていく場合は、こういったリスクを承知の上で使ってください。

 

やはり、So-netブログは「アドセンス審査に使うため」や、初めてトレンドアフィリエイトを実践する時の「練習用」といった程度の使い方にとどめておいたほうが良いです。

 

無料ブログも使い慣れれば慣れるほど、情が湧いてしまって離れられなくなりますので(笑)、できるだけ早い段階で独自ドメインブログに移行することをオススメします。

 


今後もし、「下克上」や「PRIDE」の該当箇所が修正された場合は、当記事の「コメント欄」またはブログ上部の「お問い合わせ」から教えて頂けると助かります。最初に情報提供をして頂いた方には何かしらの御礼を致します!

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ
ページトップへ戻る ページエンドへ進む