2016年Googleアドセンス審査の全手順

 

当記事は、Googleアドセンス審査の準備段階から審査通過後におこなう手続きまでの全ての流れを解説している記事です。

※2016年11月15日に記事内容を大幅リニューアルしました(※その後も定期的に修正を加えております)。

(詳細は下記↓の記事にも書きましたが)当記事をご覧頂いている方の多くは、2016年以降のアドセンス審査が非常に厳しくなっているという情報は恐らくご存知でしょう。

Googleアドセンス審査が厳格化!落ちた人に学ぶポイント11個(2016年下半期以降版)

http://links-creations.com/monetize/google-adsense-stricter/

ネット上には、当記事と同じような「アドセンスアカウント取得に関する解説記事」が数多く存在しています。しかし、これらの大半はアドセンス審査厳格化の前に書かれたものも多く、現在では全く通用しないノウハウを掲載しているものも散見されます。

そのような誤った情報を鵜呑みにして審査に挑戦し、不合格になる方も少なくありません。

 

確かに、2016年以降のアドセンス審査に関しては様々な変化があったため、その都度、過去に投稿したエントリー(審査方法の解説記事)を見直すことはなかなか容易ではないかも知れません(特に個人で運営しているブログ)。しかし、これからアドセンス審査に挑戦しようとしている人にとっては、そんな事情なんて関係ないですし、何よりも、誤った情報は害でしかありません・・・。

これからアドセンス審査に申し込みをする方は、できる限り最新の情報が掲載されている解説記事を参考にすることをオススメします。

ネット上にあるアドセンス審査の解説記事を参考にする場合は、記事の投稿日や最終更新日をチェックするようにしましょう。当ブログもできる限り最新の情報をお届けできるよう、定期的に見直しをおこなっていきたいと思います。

 

無知の病

 

目次

  1. 2018年7月現在のアドセンス審査の流れ
  2. 審査の事前準備~アドセンス審査通過まで
    2-1.アドセンス審査用ブログの作成
    2-2.審査申し込み
    2-3.審査承認メール(アドセンス審査合格)
    2-4.審査が非承認(不合格)になってしまった場合
  3. 広告ユニットの作成とコードの挿入方法
    3-1.アドセンス広告ユニットの作成
    3-2.アドセンス広告コードの挿入方法(記事本文中)
    3-3.アドセンス広告コードの挿入(サイドバー)
    3-4.アドセンス広告コードをワンクリックで挿入する方法
  4. 審査通過後の手続き
    4-1.個人識別番号(PIN)の郵送と認証
    4-2.お支払い方法の追加
    4-3.少額デポジットの入金と認証
  5. アドセンス狩り対策
    5-1.広告表示許可サイト設定
    5-2.不正クリックの対処法
  6. まとめ

 

1.2018年7月現在のアドセンス審査の流れと直近の変更点

はじめに、2018年7月現在のGoogleアドセンス審査の流れを確認しておきましょう。こちらの図をご覧下さい↓↓

2017年7月現在のGoogleアドセンス審査の流れ

この通り、現在のアドセンス審査は一次審査と二次審査の二段階方式ではなくなっています。

※2015年11月に一次と二次の二段階の審査方式が一旦は無くなったが、2016年5月より再び二段階方式に変更された。その後、2017年6月から再び、二段階の審査方式ではなくなった。

 

 

2.審査の事前準備~アドセンス審査通過まで

アドセンス審査の全体像がイメージできたところで、いよいよアドセンスアカウント取得に向けて始めていきましょう。

 

2-1.アドセンス審査用ブログの作成

まずは、アドセンス審査に使うためのブログを準備するところから始めていきます。正直なところ、この審査用ブログの準備段階が一番キツいです・・・。

しかし、ここを乗り越えることができれば、あとは機械的に進めていく作業ばかりです。頑張りましょう。

「アドセンス審査用ブログ」は必ずしも新しいドメインを取得して、ゼロからブログを作らなければいけないという訳ではありません。すでに運営しているブログがあれば、そちらを使って審査に申請して頂いてもOKです。(※ただし、アドセンス広告を掲載するにふさわしいブログに最適化する必要はあります。)

初めてブログを作るという方は、まずはレンタルサーバーの契約と独自ドメインの取得から始めましょう。なお、2016年3月頃より、Googleアドセンスの審査は独自ドメインのブログやサイトでしか申し込みができなくなっています。詳細はこちらの記事をご覧下さい。

Googleアドセンス審査が独自ドメイン必須に!無料ブログは不可

http://links-creations.com/useful/google-adsense-own-domain-required/

 

レンタルサーバーの契約や独自ドメインの取得方法など、審査に最適なブログを準備する方法についてはこちらの記事で解説しています。初めて独自ドメインのブログを作るという初心者の方でも分かるように、詳細に書かれています。

WordPressで集客に強いブログを構築する方法まとめ

http://links-creations.com/site-building/wordpress-building/

 

また、アドセンス審査用のブログを構築する上で、ぜひ知っておいて頂きたい11のポイントをまとめましたので、これから審査用ブログを作る方や、いまちょうど審査用ブログを作っている方は、こちらもぜひご覧になってみて下さい。

Googleアドセンス審査が厳格化!落ちた人に学ぶポイント11個(2016年下半期以降版)

http://links-creations.com/monetize/google-adsense-stricter/

 

2-2.審査申し込み

審査用ブログが完成したら、いよいよアドセンスの審査へ申請をしてみましょう。こちら(↓)から、Googleアドセンスの申し込みページへ移動して下さい。


Googleアドセンス 申込みページ

 

申し込みページの中の、「お申し込みはこちら」をクリック。

google-adsense-review-001

 

Googleアカウントを持っている場合はGmailのメールアドレスとパスワードを入力し進みます。Gmailを持っていない場合は最初にGmail(Googleアカウント)を作成して下さい。

Googleアドセンスを始めるためにはGoogleアカウントが必要です。Googleアカウントの取得方法はこちら↓をご参照ください。

Gmail(Googleアカウント)の取得方法

 

ログインをすると、このような画面(↓)に移動しますので、上から順に必要事項を入力&選択していきます。

  • お客様のウェブサイト:準備しておいたアドセンス審査用ブログのURLを入力
  • AdSenseがさらに便利に:「自分のアカウントに合わせたヘルプや提案に関するメールを受け取る」を選択(※何となく無難な気がするので)
  • 国または地域を選択:居住国を選択

これらを全て入力&選択すると、「Google AdSenseオンライン利用規約」が表示されます。内容に目を通し、「はい、利用規約を確認し、内容に同意します。」へチェックを入れ、「アカウントを作成」をクリックしましょう。

 

画面が遷移し、「◯◯◯◯@gmail.comに関連付けられたAdSenseアカウントをすでにお持ちです。今すぐご利用いただけます。」というメッセージが表示されますが、これはAdSense審査に合格したというメッセージではありません。「閉じる」をクリックして下さい。

 

「支払い先住所の詳細」を入力するページになりますので、上から順に必要事項を入力していきましょう。入力が完了したら「送信」をクリック。

 

次に電話番号による本人確認へ進みます。電話番号を入力し、確認コードを受け取る方法を選択したら、「確認コードを取得」をクリックして下さい。受け取り方法はどちらでも構いません。

 

通知された6桁の確認コードを入力し、「送信」をクリックします。

 

AdSenseの管理画面へ進みます。このへんは「次へ進む」でOK。

 

「サイトをAdSenseにリンク」という作業に進みます。

まず、こちらのページ内に記載されているコードを、あなたのサイトの<head>タグと</head>タグの間に貼り付けて下さい。コードを貼り付けたら、「サイトにコードを貼り付けました」にチェックを入れ、「完了」をクリックしましょう。

 


<補足:コードの挿入箇所について>

WordPressの場合、<head>タグはWordPress管理画面の「外観」→「テーマの編集」→「header.php」の中にあります。<head>と</head>を探し、その間にコードを貼り付けて下さい。(※お使いのWordPressテーマやブログサービスによっては、<head>タグ内にコードを記入するための入力欄が用意されているものもあります。その場合はその入力欄にコードを貼り付ければ、header.php内には直接貼り付けなくてOKです。)

アドセンスコードをheadタグ内に挿入

コードの挿入箇所は<head>~</head>内であればどこでもOKです。また、コードには「スポンサーリンク」等のクレジット表記は必要ありません。取得したコードのみを貼り付けるようにして下さい。

 

コードを正しく貼り付ければ、あとはGoogleが自動的にコードを検知し、審査が始まります。アドセンスの管理画面に「お客様のサイトを審査しています。」というメッセージが表示されればOKです。審査が終わるまで待ちましょう。

 

なお、審査期間中にも、できる限り記事の更新はおこないましょう。

※審査期間中に記事の更新をしないと審査に通らないという訳ではありませんが、“動き”があるブログのほうが印象は良いはずです。

審査期間について。以前は「サイトの審査には最大で3日間かかります」でしたが、現在では「通常3日程度、場合によってはそれ以上」に変わりました。数時間で審査結果が出る方もいれば、数ヶ月以上経ってようやく審査結果が出る方もいらっしゃいます。

 

2-3.審査承認メール(アドセンス審査合格)

アドセンス審査に通過すると、「お客様のサイトがアドセンスに接続されました」という件名のメールが届きます。このメールが届けば、晴れてアドセンス審査に合格したことになります。

アドセンス審査承認メール

 

2-4.審査が非承認(不合格)になってしまった場合

残念ながら審査が非承認になってしまった場合は、再度審査をやり直す必要があります。

再審査を申請する際は、再度Googleアドセンス 申込みページからログインし、再申込みをします。

アドセンス再審査申請

※ご覧の通り、再び審査の申請画面になります。「ウェブサイト」と「コンテンツの言語」を選び、「保存して次へ」をクリックすると、住所等を入力する「登録情報」の画面は表示されず、すぐにこのような↓の画面が表示されます。

アドセンス再審査申請完了

 

アドセンスにログインしてみると、以前と同じように審査がおこなわれていることを示すメッセージが表示されます。

 

3.広告ユニットの作成とコードの挿入方法

Googleアドセンス審査合格後、初めての広告設定

アドセンス審査に合格したら、さっそくブログに広告コードを設置してみましょう。ここでは、新しくなったアドセンス管理画面を使って解説していきます。

 

3-1.アドセンス広告ユニットの作成

アドセンスの管理画面へログインしたら、ページ左部のメニューから「広告の設定」をクリックして下さい。

アドセンス広告コードの作成(広告の設定)

 

「+新しい広告ユニット」をクリック。

アドセンス広告コードの作成(広告ユニット)

 

まず、広告の「名前」を入力。次に「広告のサイズ」と「広告タイプ」を選択します。名前の入力と広告の選択ができたら「保存してコードを取得」をクリックしましょう。

アドセンス広告コードの作成(広告ユニットの作成)

「名前」は基本的に自由ですが、ブログの名前等にしておくと後々管理しやすいです。また、「広告のサイズ」と「広告タイプ」も基本的には自由に選んで頂いてOKです。ここでは例として、比較的クリック率が高いと言われている「336×228レクタングル(大)」を選択しています。

 

広告コードが作成されます。広告コードをすべてコピーしてください。コピーしたらこちら↓の画面は閉じてしまってOKです。

アドセンス広告コードの作成(広告ユニット完成)

 

3-2.アドセンス広告コードの挿入方法(記事本文中)

作成したアドセンス広告コードを、ブログへ挿入していきます。

 

・・・とその前に、非常に大事なことをお伝えしておきます。アドセンス広告はどこでも好き勝手に設置して良いという訳ではありません。アドセンス広告を扱う場合、アドセンスポリシーで定められたルールを守らなければいけないのです。

 

こちら↓に<アドセンス広告コード挿入時の注意事項>を記載しておきます。これらは全て、アドセンスポリシーで定められている内容です。必ず守って下さい。

 

<アドセンス広告コード挿入時の注意事項>

  • アドセンス広告コードの上に<スポンサーリンク>という表記を入れる
    ※<スポンサーリンク>、<広告>、<Sponsered Link>など、広告であるということを明確にする
  • スマホ表示時のファーストビュー(一番最初に表示される部分)にアドセンス広告が表示されないようにする
    ※ファーストビューにアドセンス広告が表示され、その影響でコンテンツが押し下げられ見えない状態になっている場合、アドセンス規約違反となる

記事の中へアドセンス広告コードを挿入していきましょう。WordPress管理画面にて、「投稿」→「投稿一覧」と進んで下さい。

google-adsense-review-027

 

投稿済みの記事タイトルをクリックします。

google-adsense-review-028

 

タブをクリックして、ビジュアルエディタからテキストエディタに切り替えます。

google-adsense-review-029

 

アドセンス広告を表示させたい場所へアドセンス広告コードを挿入していきます。

google-adsense-review-030

 

コードを挿入したらページ右上の「更新」をクリックして下さい。

google-adsense-review-031

 

アドセンス広告コードを挿入した記事を確認してみると、このようにアドセンス広告が表示されているはずです。

アドセンス広告の挿入

 

※新たに作成したばかりの広告ユニットは、ブログ内に設置しても数分ほど広告が表示されない(空白のスペースが表示される)ことがあります。しばらくすると広告が表示されますのでご安心下さい。

 

3-3.アドセンス広告コードの挿入方法(サイドバー)

アドセンス広告コードをブログのサイドバーへ挿入する手順を解説します。

アドセンスの管理画面へ行き、「広告の設定」→「新しい広告ユニット」と進んで、「ラージスカイスクレイパー(300 × 600)」の広告コードを作成して下さい。

アドセンス広告(ラージスカイスクレイパー)

 

次に、WordPressのダッシュボードから、「外観」→「ウィジェット」と進み、「テキスト」ウィジェットをサイドバーに追加して下さい。

WordPressテキストウィジェット

 

テキストウィジェットの「タイトル」には広告コードであることを示すクレジット(Sponsered Link等の文字)を、「内容」にはラージスカイスクレイパー(300 × 600)の広告コードを貼り付け、最後に「保存」をクリックして下さい。

WordPressテキストウィジェット(アドセンス広告コード挿入)

 

サイドバーを確認してみると、このようにラージスカイスクレイパーのアドセンス広告が表示されているはずです。

アドセンス広告(ラージスカイスクレイパー)

※新たに作成したばかりの広告ユニットは、ブログ内に設置しても数分ほど広告が表示されない(空白のスペースが表示される)ことがあります。しばらくすると広告が表示されますのでご安心下さい。

 

3-4.アドセンス広告コードをワンクリックで挿入する方法

先ほど、アドセンス広告コードを記事本文中に挿入する手順をご紹介しましたが、実はもっと簡単に広告コードを挿入することができる方法があります。

この方法を使えば、たったワンクリックで広告コードを挿入することができるようになり、作業効率が飛躍的に上がりますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

Googleアドセンスの広告コードをワンクリックで挿入する方法

http://links-creations.com/monetize/google-adsense-code/

 

4.審査通過後の手続き

無事に審査に通過し、アドセンス広告も表示されるようになり一件落着…。…とはいかないのがGoogleアドセンスです…。

 

実は、審査に通過した後もやらなければいけないことがあります。それがこちら↓


   Step1:個人識別番号(PIN)の郵送と認証

   Step2:お支払い方法の追加

   Step3:少額デポジットの入金と認証

 

ここから先↓は、アドセンスの見積もり収益額が1,000円を超えてからおこなう内容となっています。見積もり収益額が1,000円を超えてから改めてご覧ください。

 

4-1.個人識別番号(PIN)の郵送と認証

アドセンスの見積もり収益額が1,000円を超えると、通常2~4週間以内に、登録の住所宛てに「個人識別番号(PIN)※通称:PINコード」が郵送されます(※1,000円を超えると勝手に送られてきます)。

 

こちら↓がPINコードのサンプル。PINは11.4×15.2cm(4.5×6インチ)の白地の封書で届きます。

google-adsense-review-014

 

開封すると、中ほどにPINコードが記載されています。このPINコードを使って認証をおこないます。アドセンスのトップページへ移動してください。

 

アドセンスの上部に、「お客様の住所の確認が完了していないため、お客様のお支払いは現在保留中となっています。」と表示されている部分の「操作」をクリックします。

Googleアドセンスお支払い方法の追加手順①

 

「PINコードの入力」と書かれた入力フォームに郵送されてきたPINコードを入力して下さい。入力したら「PINを送信」をクリック。

※ご覧の通り、3回間違えるとアウトです。ちなみにここは、必ず半角で入力してください。

google-adsense-review-016

 

PINの認証はこれで完了です。

 

4-2.お支払い方法の追加

PINの認証が完了すると、アドセンスのトップページ上部の警告文が、「お客様のお支払いは現在保留されています。お支払いをお受け取りになるには、お手続きが必要です。」という文言に変わります。

警告文のところにある「操作」をクリックしてください。

Googleアドセンスお支払い方法の追加手順①

 

「お支払い方法を追加」という画面に移動しますので、上から順に必要事項を入力してください。入力ができたら「保存」をクリックします。※必ず半角で入力してください。

google-adsense-review-018


※こちら↑の画面は、画面左下の「設定」→「お支払い」→「お支払い方法の管理」→「お支払い方法を追加」からでも移動できます。

 

このような↓画面が表示されたら、「お支払い方法の追加作業」は完了です。「OK」をクリックしてください。

google-adsense-review-019

 

4-3.少額デポジットの入金と認証

「4-2.お支払い方法の追加」の最後の画面内に書かれていた通り、2~3営業日以内に、登録した口座へ少額のデポジットが入金されます。入金額は数円~数十円くらいが多いようです。無事にデポジットが入金されたら、認証作業をおこなっていきましょう。

アドセンスへログインし、ページ上部の警告文のところにある「操作」をクリックします。

Googleアドセンスお支払い方法の追加手順①

 

次のページでも画面上部に赤い警告文が表示されます。「今すぐ確認」をクリック。

google-adsense-review-021

 

入金されたデポジットの金額を入力し、「確認」をクリックしてください。※必ず半角で入力してください。

google-adsense-review-022

 

認証が正しくおこなわれると、最後に「銀行口座の確認が完了しました。」という画面が表示されます。

google-adsense-review-023

 

以上で、Googleアドセンスアカウントの審査および取得手続きのすべてが完了です。

 

「お疲れ様でした!!」…と言いたいところですが…(笑)…もうひと踏ん張り!この勢いでもう一つ大事な作業、「アドセンス狩り対策」まで終わらせてしまいましょう。

アドセンス狩り対策は、あなたがここまで頑張って作業して、ようやく手に入れたアドセンスアカウントを守るための対策です。非常に重要な作業なので、絶対にやってください。

 

5.アドセンス狩り対策

アドセンス狩り。これは、悪意のある第三者が様々な不正行為をおこない、あなたのアドセンスアカウントを停止に追い込もうとする行為です。

トレンドアフィリエイトを始めたばかりの初心者さんや、アドセンス報酬が順調に伸び始めた方は、特にアドセンス狩りの“餌食”になりやすいので必ず対策をしておいてください。アドセンス狩りに遭ってからでは後悔してもしきれません。

 

5-1.広告表示許可サイト設定

あなたのアドセンス広告コードが、Googleアドセンスのポリシー(規約)に違反するようなアダルトサイト等に不正利用(勝手に転載される等)されてしまうと、アドセンスアカウントが即刻停止という、最悪の事態になってしまう可能性があります。

アドセンスには「広告表示許可サイト設定」というオプション機能が容易されていて、ここに自分のサイトを登録しておくことで、最悪の事態を未然に防ぐことができます。

広告表示許可サイト設定の詳しいやり方については、こちら↓のリンク先の記事をご覧ください。

アドセンス狩り対策(広告表示許可サイト設定の方法)

http://links-creations.com/monetize/permission-site/

 

5-2.不正クリックの対処法

アドセンスポリシーでは、自分のサイトに貼っているアドセンス広告を自らクリックしたり、同一のユーザーが何度も何度もアドセンス広告をクリックすることを禁止しています。

いたずら目的でアドセンス広告を何度もクリックし、あなたのアドセンスアカウントを停止に追い込もうとする人が現れたら、「これは自分がクリックしたんじゃないです!」と、Googleへ報告しましょう。

不正クリックに対する具体的な方策については、こちら↓のリンク先の記事をご覧ください。

アドセンス狩り対策(不正クリックをGoogleへ報告する方法)

http://links-creations.com/monetize/unauthorized-access/

 

6.まとめ

まずは・・・「お疲れ様でした!!」 そして・・・「おめでとうございます!」 ようやくアドセンスアカウントの取得が完了し、いよいよアドセンスライフのスタートですね。

今も十分嬉しい気持ちでいっぱいだと思いますが、はじめての報酬が発生した瞬間はもっと嬉しいです。

支払い基準額が8,000円以上になると、翌月の23~24日頃にアドセンス報酬が振り込まれます。まずは初めての入金、さらに10万円、20万円、30万円…と、自分の目標金額を目指して作業していきましょう!

おすすめの記事