Googleアドセンスのホスト型アカウント(Hosted account)は要注意

公開日: 2016年01月30日
最終更新日: 2016年08月18日


hosted-account-top

 

HIKAKINさん、マックスむらいさん、はじめしゃちょーさんといった人気YouTuber(ユーチューバー)の方々をテレビ等のメディアで見る機会が増えています。その影響もあってか、YouTuberという“職業”が広く認知され、最近では「YouTuberに憧れて、YouTubeアドセンスアフィリエイトを始めました!」という方も多くなってきました。

 

このような方々は、基本的にはYouTubeアドセンスアフィリエイトだけを実践する方がほとんどなんですが、中には「収入の柱を増やすためにブログ型アドセンスアフィリエイトもやってみよう!」と考える方もいます。

 

しかし…。

 

YouTubeを使ってGoogleアドセンスアカウントを取得した方は、ここで驚愕の事実を突きつけられます。それは…、YouTubeを使って取得したアドセンスアカウントはYouTubeだけでしか収益化できない(※)という事実です…。

※正確にはYouTube・Bloggerといったホストパートナーサイトでしか収益化できません。当記事で詳しく解説します。

 

詳しく見ていきましょう。

 

目次

1. Googleアドセンスには2種類のアカウントがある

2. ホスト型と非ホスト型の違い

3. ホスト型か非ホスト型か分からない場合

4. ホスト型を非ホスト型へアップグレードする手順

・4-1. アップグレード審査用ブログを用意する

・4-2. アップグレード申請

・4-3. AdSense広告コードの導入

 

1. Googleアドセンスには2種類のアカウントがある

Googleアドセンスには、ホスト型アドセンスアカウントと非ホスト型アドセンスアカウントという、2種類のアカウントがあります。

「自分のアドセンスアカウントが2種類のアカウントのどちらになるのか?」は、どのようにしてアドセンスの審査を行ったか?によって分かれます。

 

具体的には…

 

①Googleアドセンスのホストパートナー(BloggerやYouTubeなど)を使ってアドセンスの審査をした場合。

ホスト型アドセンスアカウント

 

②独自ドメインサイトやSo-netブログなど(※注1)、Googleアドセンスのホストパートナー以外を使ってアドセンスの審査をした場合。

非ホスト型アドセンスアカウント(通常アカウント※)
※当サイトでは便宜上このように表現します。

 

こんな感じです。

 

初めてアドセンスアカウントを取得しようと考えている方に対しては、基本的には上記②の方法(独自ドメインサイトで審査の申請をする)を推奨していますが、BloggerやYouTubeなどを使ってアドセンスに申し込んだ方はホスト型アドセンスアカウントとなります。

 


(※注1)2016年3月上旬頃から、アドセンスの審査が独自ドメインでしか受け付けられなくなりました。詳しくはこちら↓の記事をご覧下さい。

Googleアドセンス審査が独自ドメイン必須に!無料ブログは不可

 

 

2. ホスト型と非ホスト型の違い

ホスト型アドセンスアカウントと非ホスト型アドセンスアカウント。この2種類のアカウントには、いったいどのような違いがあるのでしょうか?

こちら↓の表をご覧下さい。

 

<ホスト型と非ホスト型の違い>

  ホスト型 非ホスト型
収益化が可能なもの ホストパートナーサイト
(bloggerやYouTube)のみ
全てのサイト
Googleアドセンス管理画面に
Hosted accountの表示
表示あり 表示なし

 

大きな違いを挙げるとこんなところです。

上の表をご覧頂ければお分かりかと思いますが、ホスト型アドセンスアカウントの場合、例えば新たに作成した独自ドメインサイトにアドセンス広告を貼ったとしても、収益化はおろか、広告すら表示されません。恐ろしすぎます。

 

 

3. ホスト型か非ホスト型か分からない場合

もし、自分のアドセンスアカウントがホスト型なのか、それとも非ホスト型なのかが分からない場合は、以下の3点をチェックしてみて下さい。

 

①Googleアドセンスの管理画面上部に、Hosted accountと赤文字で表示されている。

→表示されている場合はホスト型アドセンスアカウント

hosted-account-001

 

 

②Googleアドセンスの管理画面に、「お客様のAdSenseアカウントはYouTubeでの広告掲載のみ可能となっています。他のサイトに広告を掲載して収益化したい場合は、そのサイトのURLをご連絡ください。」という表示がされている。

→表示されている場合はホスト型アドセンスアカウント

 

 

③WordPressを使っている方は、「現在、お客様の AdSense アカウントはホスト専用となっています。このサイトに広告を掲載する手順については、AdSense ヘルプセンターをご覧ください。」という表示がされている。

→表示されている場合はホスト型アドセンスアカウント

 

 

基本的には上記の3点をチェックすれば、自分のアドセンスアカウントがホスト型なのか非ホスト型なのかが分かるはずです。

 

 

4. ホスト型を非ホスト型へアップグレードする手順

先にも述べましたが、ホスト型アカウントのまま、独自ドメインサイト等(いわゆるホストパートナー以外のサイト)にアドセンス広告のコードを貼り付けたとしても、広告収入は発生しません。※そもそも広告表示されません。

 

ホストパートナー以外のサイトにアドセンス広告を表示させてアドセンス報酬を得るためには、ホスト型アカウントを非ホスト型アカウント(通常アカウント)へアップグレードする必要があります。

 

とは言っても全く難しくありません。下記の手順に沿って進めてみて下さい。

 

 

4-1. アップグレード審査用ブログを用意する

ホスト型アカウントを非ホスト型アカウント(通常アカウント)へアップグレードするにあたって、まず用意しなくてはならないものがあります。

 

それは、「アップグレード審査用のブログ(ウェブサイト)」です。

 

すでに何かしらのブログやウェブサイトを持っている場合はそちらを使って頂いても良いですが、できれば新たにアップグレード審査用のブログを用意することが望ましいです。

 

その理由はこちら↓の記事で説明しています。できるだけ確実に審査に通過したいのであれば、手間は掛かりますが審査用のブログを用意しましょう。


Googleアドセンスの審査を申請する前にチェックしておきたい10のポイント

 

※Bloggerブログはホストパートナーサイトの為、アップグレード審査用ブログとして利用することはできません。非ホストパートナー以外のブログサービス(独自ドメインブログ)で新しい審査用ブログを作成して下さい。

 

 

4-2. アップグレード申請

アップグレード審査用のブログは無事に用意できましたでしょうか?

中にはアップグレード審査用ブログを用意するためだけに数日掛かってしまった方もいるかも知れませんね。しかし、ここから先の作業は非常に簡単。ご安心下さい。

 

まず、Googleアドセンスにログインして下さい。


Googleアドセンス

 

 

アドセンスにログインしたら、管理画面右上の「歯車アイコン」→「設定」の順にクリックします。

hosted-account-002

 

 

次の画面に進み、画面左側にある「アクセスと認証」をクリックすると、「他のウェブサイトでの広告の表示」というページが表示されます。

ここへ、「4-1. アップグレード審査用ブログを用意する」で作成した審査用ブログのURLを入力し、「送信」をクリックします。

※Bloggerブログはホストパートナーサイトの為、アップグレード審査用ブログとして利用することはできません。非ホストパートナー以外のブログサービス(独自ドメインブログ)で新しい審査用ブログを作成して下さい。

hosted-account-003

 

 

最後に、「非ホスト型ウェブサイトへの広告掲載にお申し込みいただき、ありがとうございます」というメッセージが表示されます。

アドセンスの管理画面での作業はここまでで完了です。次は、ブログにアドセンス広告コードを貼っていきましょう。

 

 

4-3. AdSense広告コードの導入

先ほど、アップグレード申請に使ったブログにアドセンス広告コードを貼ります。

アドセンス広告コードを貼っても、審査に通過するまで広告は表示されず、空白のままなので、広告が表示されないからといって心配しないで下さい。

 

審査に通過すると、自動的に広告が表示されるようになりますし、アドセンス管理画面の上部に表示されていた「Hosted account(赤文字)」の表示や、「お客様のAdSenseアカウントはYouTubeでの広告掲載のみ可能となっています。他のサイトに広告を掲載して収益化したい場合は、そのサイトのURLをご連絡ください。」というアナウンスが消えます。

※ちなみに、メール等での審査通過のお知らせは特にありません。

 

審査は通常、1~2日程度で完了するケースが多いですが、この点に関しては審査通過基準が明確化されていないので、おとなしく待つしかありません。

 

ただ、審査に使ったブログの記事数や文字数があまりにも少なかったりすると、審査通過までの時間が長引いたり、最悪の場合は審査に通らないというケースもあります。

 

あまりにも長引くような時は、もう一度審査用のブログの内容を見直したり、作り直したりすることも考えなくてはいけません。非常に面倒くさい部分ですが、地道にコツコツと作業していきましょう。

 

“Googleアドセンスのホスト型アカウント(Hosted account)は要注意”へ2件のコメント

  1. […] Googleアドセンスのホスト型アカウント(Hosted account)は要注意 […]

コメントを残す

サブコンテンツ
ページトップへ戻る ページエンドへ進む