Googleアナリティクスの設定と動作確認までの流れ

公開日: 2016年03月02日


google-analytics-deployment-top

 

Google Analytics(アナリティクス)はGoogleが提供しているアクセス解析ツールです。

 

現在、世に出回っているアクセス解析ツールの中では、最も機能性に優れています。

そして、こんなに素晴らしいツールにもかかわらず、Googleアナリティクスの利用料はなんと無料。

※有料プランもありますが、こちらは主に、膨大な量のデータを解析する必要がある大企業が利用しています。

 

あなたのサイトにGoogleアナリティクスを設定すれば…

  • いま現在サイトにどのくらいのユーザーが訪れているのか?
  • サイトのPV(ページビュー)数がどのくらいあるのか?
  • ユーザーが去って行きやすいページはどのページか?
  • ユーザーの滞在時間はどのくらいか?

 

…などなど、非常に多くのデータを確認することできるようになります。

 

得られたデータを分析すれば、自分のサイトの「強み」と「弱み」が分かるため、そこから改善策や戦略を考えることもできる訳です。

 

このように、Googleアナリティクスを導入しない理由は無いので、当記事を参考にしながらぜひ導入してみて下さい。

 

※Googleアナリティクスの機能は非常に多岐に渡るため、使い方に関しては別の記事で詳しく解説します。

 

 

目次

1.Googleアナリティクスを導入するための準備

2.トラッキングコードの取得

3.トラッキングコードの設定

4.Googleアナリティクスの動作確認

 

 

1.Googleアナリティクスを導入するための準備

Googleアナリティクスを導入するには、大前提として、Googleアカウントを持っている必要があります。

まだGoogleアカウントを持っていない方は、こちら↓の記事を参考にしてGoogleアカウントを取得してください。


Gmail(Googleアカウント)の取得方法

 

 

2.トラッキングコードの取得

Googleがあなたのサイトのアクセス解析ができるように、サイトへ導入するトラッキングコードを取得していきます。

こちら↓のリンクから、Googleアナリティクスの公式ページへ移動して下さい。


Googleアナリティクス 公式ページ

 

 

画面右上の「ログイン」をクリック。

google-analytics-deployment-001

 

 

Googleのアカウント情報(Gmailとパスワード)を入力し、Googleアナリティクスにログインします。

google-analytics-deployment-002

 

 

「お申し込み」をクリック。

google-analytics-deployment-003

 

 

Googleアナリティクスのアカウント登録の画面が表示されますので、こちら↓の表を参考にしながら、上から順番に必要事項を入力していきましょう。

1 トラッキングの対象 アクセス解析をおこなう対象を指定する。基本的には「ウェブサイト」を選択。
2 アカウント名 Googleアナリティクスを使う際の名前を入力する。
3 ウェブサイト名 Googleアナリティクスを導入するサイトの名前を入力する。
4 ウェブサイトのURL Googleアナリティクスを導入するサイトのURLを入力する。
5 業種 サイトの内容に一番近い業種を選択する。
6 レポートのタイムゾーン 日本向けサイトなら「日本」を選択。他国向けサイトならその国名を選択。

google-analytics-deployment-004

 

 

ページを下へスクロールすると、「データ共有設定」というものがありますが、基本的にはそのまま(全てチェック)でOKです。

「トラッキングIDを取得」をクリックしましょう。

google-analytics-deployment-005

 

 

「Googleアナリティクス利用規約」が表示されます。

左上に該当する国を選ぶ箇所があるので、「日本」を選び、「同意する」をクリック。

google-analytics-deployment-006

 

 

すると、Googleアナリティクスの管理画面が開き、「トラッキングID」と「トラッキングコード」が表示されます。

この後、トラッキングコードをサイトに設置していきますので、トラッキングコードを全てコピーしておきましょう。

google-analytics-deployment-007

 

 

以上で、Googleアナリティクスのトラッキングコード取得作業は完了です。

 

 

3.トラッキングコードの設定

次に、いま取得したトラッキングコードを、アクセス解析をしたいサイトへ設定していきます。ここではWordPressで運用しているブログへ設定するやり方をご紹介します。

 

なお、当記事ではトラッキングコードを「header.php」へ設定する方法をご紹介しますが、他にも「All in One SEO Pack」や「Ultimate Google Analytics」といったWordPressのプラグインを使って、トラッキングコードを設定する方法もあります。

 

基本的にはどの方法で設定してもOKですが、採用するのは必ずどれか一つだけにして下さい。

もし、二つ以上の方法を採用してしまうと、データが重複して反映されてしまい、正確なアクセス解析ができなくなってしまいます。くれぐれも注意しましょう。


なお、WordPressのテンプレートに「Xeory」を使用している方は、今ご紹介したいずれの方法も採用する必要はありません。

WordPressダッシュボードから「初期設定」→「Googleツールの設定」→「Googleアナリティクスの設定」と進み、Googleアナリティクスのトラッキングコードを貼り付けるだけでOKです。

 

 

それでは進めていきましょう。

まず、WordPressのダッシュボードから、「外観」→「テーマ編集」→「header.php」と進みます。

google-analytics-deployment-008

 

 

</head>タグの直前にトラッキングコードを貼り付け、最後に「ファイルを更新」をクリックして下さい。

※</head>タグの直前にGoogle Search Consoleのmetaタグ等を貼り付けている場合、トラッキングコードの貼り付け位置は、metaタグの上でも下でもどちらでも大丈夫です。

google-analytics-deployment-009

 

 

以上でトラッキングコードの設定作業は完了です。これでGoogleアナリティクスが使えるようになります。

 

 

4.Googleアナリティクスの動作確認

最後に、Googleアナリティクスの動作確認をしてみましょう。

Googleアナリティクスのページ上部にある、「アナリティクス設定」から、「アカウント」→「(動作確認をしたい)アカウント名」を選択します。

google-analytics-deployment-010

 

 

「プロパティ」の部分が、動作確認をしたいサイト名になっている事を確認し、「トラッキング情報」→「トラッキングコード」と進んで下さい。

google-analytics-deployment-011

 

 

ステータスの部分が、「データを受信しています」となっていればOKです。

正常にGoogleアナリティクスが設定できていることを示しているので安心して下さい。

google-analytics-deployment-012

 

 

なお、「データを受信しています」と表示されるようになるまでは、サイトにトラッキングコードを設定してから数時間~24時間程度かかることがありますので、すぐに反映されていなくても心配する必要はありません。

 

以上、Googleアナリティクスの設定と動作確認までの流れについての解説でした。

 

“Googleアナリティクスの設定と動作確認までの流れ”へ1件のコメント

  1. あいこ より:

    Sotaさん、はじめまして!ランキングから伺いました。
    とても素敵なサイトを運営されていますね。
    有益な情報満載で、説明がとても丁寧にされているので、ネットビジネス初心者にもわかりやすいと思います。
    私もまだまだ勉強中で知らないこともたくさんあるので、参考にさせていただきますね。
    今後の記事も期待しています。応援して帰ります。
    またお邪魔させてくださいね。

コメントを残す

サブコンテンツ
ページトップへ戻る ページエンドへ進む