ライバルを差し置いてチャンスを掴んだ話
先日、とある起業家の方とお会いしたのですが、
ちょっと異次元すぎるというか、、、
ここ数ヶ月、ずーっと考えて、悩んで、堂々巡りしていたことが、
見事に秒で破壊されました。
まぁそんな機会があり、お会いできたこと、
お話ができたことはもちろん良かったのですが、
今回はその話ではなく。
その方とお会いするチャンスを掴むまでの
自分自身の行動を褒めたくて。
で、これって結構できない人多いよなーと思ったので、
そのあたりのことについて書いてみます。
色々とチャンスを掴みたい人には参考になるかと思います。

9割の人は思考停止。基本、何もしない。

先日、ふとメールをチェックしていたら、
「急ですが、明日少人数で懇親会やります。
参加費は2万円です。
参加希望の方はこちらのフォームからお申込みを。」
っていうメールが、例の起業家の方から来ていました。
普段、なかなか会えない人なので、
僕は考えるまでもなく、
速攻で申し込みフォームに必要事項を記入。
送信・・・!
・・・
・・・が時すでに遅し。
僕が申込みフォームを記入している間に募集定員に達したのか、
受付が終了してしまっていたのでした。
まじかー・・・。
さて、ここからです。僕は諦めが悪いです。
僕は、
「何がなんでも参加したい・・・!」
と思いました。
ちなみにこんな時、あなたならどうしますか?
「締め切りは締め切り。しゃーなし。」
「次回はもっと早く応募できるようにしよう。」
こんな感じで諦めますか?
おそらくですが、
9割くらいの人はこの時点で「おわたー」と言って終わりです。
「なんだよくそー!」とか思ったりはするんだけど、
そのあと特に何をする訳でもなく、
またいつもの日常に戻っていく。
こんな感じ。

1割は悪あがき。そこでチャンスを掴む人は・・・

でも、残りの1割の人はちょっと違います。
「よし!ダメ元でメールを送ってみよう!」
みたいな感じで、その思いの丈を綴ってみたりして、
なんとかチャンスを掴もうと努力します。
場合によっては
「じゃあ今回だけ特別に・・・」
みたいな感じで、
これだけでOKが貰えたりすることもあるかも知れません。
行動することでチャンスが広がる可能性がある訳ですね。
しかし・・・。
こういうのって、
例えば100人いたら10人くらいは
同じこと考えてるライバルがいます。
僕も、最初はここまでしかやっていませんでした。
受付終了ってなって、くっそー!ってなって。
でもどうしても会いたい!じゃあダメ元でメールしてみるかと。
でも全然返信が来ないんですよ。
もう、何回も何回も、返信が来ていないかチェックしました。
30分・・・。
1時間・・・。
2時間・・・。
しかし、待てど暮らせど返信は来ない。
こうやって、
いつ返ってくるかも分からないメールを待っていたんですが、
そこで僕はふと思いました。
「こんなこと、他にもやってる人いるだろうな。
じゃあ、その他大勢から一歩抜け出すためには
どうすればいいだろう?
どうすれば相手を振り向かせられるだろう?」
そんなことを必死に考え始めました。
そんな感じで、必死に考えていた中で出てきたのが・・・

「金を振り込んじまえばいい」

「何とかして参加をOKしてもらえないだろうか・・・?」
こういう時って
どうしても自分本位で物事を考えがちなんですが、
大事なのは相手の立場になって考えてみること
相手にとっての優先順位は何か?
っていうのを考えるのがポイントです。
例えば今回のケースだと、
基本的にこういったメールを送られた側は、
その対応は後回し、もしくは放置です。
相手は忙しいんです。
時間内に申し込みをした人の対応をするとか、そっちが優先。
それに、そもそも返信する義務すらないんですよ。
こっちが勝手に送っているだけなので。
となると、ただ待っていても会えない・・・。
相手の優先順位は何?
何をすれば相手は動かざるを得ない?
どうすれば?どうすれば?どうすれば・・・??
こんな感じでひたすら考えていた時、ふと僕は、
過去にこの方からサービスを購入した時の、
決済方法の案内メールの存在を思い出しました。
速攻でGmailを開いて確認してみる・・・。
あった!
メールには、振込先口座の情報。そして、
「銀行振り込みの方は、
振込み後に“○○(サービス名)の入金をしました”っていう件名と、
振込完了時のスクショを送ってください」
という文言が書かれていたのです。
「これしかない!!」
僕は、
「懇親会の参加費を振り込んでしまえば、何かしらの返信はあるんじゃないか(相手は動かざるを得ないんじゃないか)?」
「“何とかなりませんかメール”を送る人は他にもいるけど、許可が貰えるかどうかもわからないのに金を振り込むヤツはいないんじゃないか?」
「そこまでして参加したいなら、いいよ、今回は特別な、って言ってくれるんじゃないか?」
そう読んだのです。
許可してもらえるかどうかは分からないけど、
参加費を勝手に振り込む。
これやってだめなら諦めよう。
いずれにしても話のネタになるし。
ネットバンキングを開いて
速攻で2万円の振込みを完了した僕は、
すかさず、
「明日の懇親会の参加費をお振込み致しました。」
っていう件名でメールを送信。
ここまでやったら、もうあとは待つのみ。
「人事を尽くして天命を待つ」です。
参加はやっぱりNGかも知れないし、
2万円はもしかしたら返って来ないかも知れない。
だってこちらが勝手に振り込んだ訳で、
参加NGだったら返金してください
なんてことも一切書いてないわけです。
※当たり前だけど、
「ダメなら返金してくれ」なんてこと書いたら
その瞬間、無事に死亡できるので絶対にNGです。

“何とかなりませんかメール”を送った人は30人

“参加費振り込みましたメール”を送ってから数時間後・・・。
一通のメールが。
「わかりました。参加にしておきます。」
きたー!!
念願の、参加許可のメールが来ました!
ついについに、
受付終了だったはずの懇親会に参加するチャンスを
掴むことができたのです。
ただ待っているだけでは
絶対に得ることができなかったチャンス。
そのチャンスを、
見事にゲットすることができたのです。
翌日、懇親会の席で
僕の一連の行動について聞いてみたら、案の定、
「(勝手に金振り込まれて)うわー、めんどくせーの来たーって思った」
と言われました(笑)
でも悪い気はしなかった、
むしろ、こういう行動力大事
と評価されました。
そしてやはり、
“何とかなりませんかメール”については、
僕だけではありませんでした。
僕以外にも、
だいたい30人くらい、募集終了後にメールを送った人がいた
そうです。
もちろん、それらの人たちには
「終了してしまったのでごめんなさい」
と返信したとのこと。
これを聞いた時、
「やっぱりあの時、必死に考えて行動して良かった。」
そう思いました。

“その他大勢と同じ”ではチャンスは掴めない

今回、僕がやったことは
あくまでひとつの事例です。
当然ですがこれが、
その他大勢を差し置いてチャンスを掴むための
唯一無二の方法って訳ではありません。
でもやっぱり、
チャンスを掴むには他の人と同じ思考でいてはダメだなと、
あらためて思いました。
ただ、こういうことを言うと、
「チャンスを掴むには突拍子もないことをやればいいんだな」
って考える人がいますが、そうじゃないですよ。
繰り返しになりますが、
  • 相手の立場になって考える
  • 相手にとっての優先順位は何かを考える
これです。この視点が抜けちゃダメなんです。
でも難しく考える必要はありません。
例えば僕は以前、
保険の営業(主に中小企業に損害保険や生命保険を提案する営業)
をしていたのですが、その時も似たようなことをしていました。
中小企業に保険を提案する時って、
基本、その会社の社長に提案するんですよ。
でも、そういった中小の社長たちって、
わざわざ予算を割いて新しく保険に加入しよう、
なんて思考は限りなくゼロに近い訳です。
だから、いきなりこっちが、
「こんないい商品がでました!」とか
「いま入っている保険に比べるてこんなに内容が違うんです!」
みたいな感じで、自分本位な提案をしても、
まったく耳を傾けてくれない。
(※成績悪い社員は、だいたいコレ)
じゃあどうするか?
相手にとっての優先順位は何か?
どうすれば相手は動かざるを得ないか?
例えば、
世の大半の社長にとっての優先順位は、
新たに保険に加入する(新しい支出を作る)よりも、
いかに売上を立てるか?(新しい収入を作る)とか、
いかに支出を減らすか?とか、
どうすればもっと社員が自発的に働いてくれるか?とか、
あのどうしようもないクズ社員をどうやってクビにするか?
とか・・・w
そっちなんですよね、頭の中(優先順位)は。
で、これはあくまで一例ですけど、
まずはそういう人に話を聞いてもらいたいなら、
彼らの頭の中(優先事項)にすんなり入り込めるような
話を持っていく訳です。
保険から一旦離れるのです。
ここでやりがちなのが、
「保険を使えば社長がお悩みの○○の解決に役立ちますよー」
みたいなことを言っちゃうパターンですね。
これダメ。ミエミエですw
「売りたい!売りたい!」が見えちゃってるのはダメなのです。
じゃ、どーするか?
例えば飲食店を経営している社長なら、
「オススメ商品をお客さんに確実に選ばせる心理テクニック」とか、
「新規のお客さんを高確率でリピーターへ変える3つのおもてなしテクニック」
みたいな情報をまとめて、それを無料で配れば、
相手も「読んでみたい(動かざるを得ない)」
っていう気持ちになりそうじゃないですか。
(あくまで一例です)
そうやって、まず先に相手に与えて、
少しずつ信用してもらえると、
初めてこちらの話を聞いてくれるようになる訳ですね。
相手が忙しく仕事してる中で、
必殺の営業トークを長々とかましてみたり、
「たまたま近くまで来たんでー!」とか言って
アポ無し訪問するとか、
まじで迷惑でしかないです。
まぁとにかく、
相手の立場に立つこと、
相手にとっての優先順位を考えること、
っていうのが超大事ってこと。
いまだったらもっと戦略的に
契約まで持っていける自信があるんですけどね。
サラリーマン時代ももっと、
ビジネスとは何たるか?ってことを
勉強しておけば良かったなと思います。
僕がどうやってビジネスの思考を鍛えているのか?とか、
どのようにしてビジネスを組んでいるのか?については、
無料のメルマガで詳しく話しているので、
良かったら登録してみてくださいね(↓)
無料で読めますので。
なぜ多重債務者が月収100万の自由な起業家になれたのか?
僕はほんの数年前まで、
リサイクルショップのたった数百円の洋服を買うことすらも、
奥さんにためらわせてしまうレベルの多重債務者でした。
毎月20万円の利息返済のために、
営業の仕事と警備員のバイトを掛け持ちし、
毎日毎日、自分をすり減らしながら生きていました。
そんな僕でしたが、ある時、偶然手にした一冊の本で
インターネットビジネスの存在を知り、
すがる思いでネット副業を開始。
最初はわからないこともたくさんありましたが、
やっていくうちにだんだん稼げるようになり、
気付けば月収100万円を超え、
絶対に完済はムリだと思っていた
多額の借金がなくなりました。
いまの時代はインターネットを使えば、
個人でも極めてローリスク、ローコストで、
しかも簡単にビジネスを始めることができてしまいます。
僕がどうやって、
多重債務者から月収100万円の自由な起業家へなったのか?
その方法やノウハウを、
僕の無料メールマガジンで公開しています↓↓
コメントを残す

おすすめの記事