【アウトプットしないと現実世界は変わらない】高校三年間好きだったユカリちゃんに一度も告白せぬまま卒業した話から学ぶアウトプットの重要性
こんにちは、ねもちんです。
今回は僕の黒歴史シリーズのひとつ、
「高校三年間好きだったユカリちゃんに一度も告白せぬまま卒業した話」
です。
ヘタレのニオイがぷんぷんしますねw
でも、ちゃんと学びになるように
考えて書いたのでぜひご覧ください。
で、突然ですが、
あなたに好きな人がいたとしましょう。
あなたはどうにかその人と付き合いたいと思っている。
さて、あなただったらその目的を達成するために何をしますか?
  • 相手のことを知る
  • 相手の好みに合うように自分を磨く
  • 話す機会を増やす
  • 恋愛の成功ノウハウを学ぶw
  • 恋愛成就の神様に祈るww
・・・まぁ色々ありますね。
こんな感じで、
各自、あれこれと試行錯誤すると思います。
がしかし、
目的が「付き合うこと」なのであれば、
上記のことをどれだけ頑張ってやったところで
“○○”をしなければ
残念ながらその目的はいつまでも
達成されることはありません。
ある日突然、何か不思議な力が働いて
いきなり両想いになる、みたいなミラクルは
どう考えても期待できない。
となると、
目的を達成するにはどうすればいいのか?
“○○”とはいったい何なのか・・・?
(この後、くっそ当たり前なこと言います)
(この後、くっそ当たり前なこと言います)
(この後、くっそ当たり前なこと言います)
正解は・・・「告白する」
そうです。告白です。シンプルですね。。。
しかし、高校生だった頃の僕は、
この「告白する」ができませんでした。
フラれるのが怖かったんですねー。
で、当時の僕は告白もせずに
何をしていたかといいますと、
(これ、我ながらめちゃくちゃ気持ち悪いんですが・・・)
日々、ユカリちゃんの情報収集
をしていましたw
と言っても、ストーカーしてたとか、
そういう類のものではありません。
僕、高校の時、サッカー部だったんですけど、
サッカー部の女子マネージャーが、
ユカリちゃんと仲が良かったんですよ。
で、その女子マネに、
ユカリちゃんの情報をあれやこれやと
聞きまくっていたんです。
趣味は何なのか?
好きな男子のタイプは?
いまハマってることは?
とか。
で、たまにこういう情報の中に、
例えば「背が高い人がタイプ」
みたいなものがあったりするんですけど、
それに自分がマッチしてなかったりすると、
それだけでいちいち勝手に凹んでみたり。
うー、情けない・・・w
まぁそんな感じで、
とにかく相手のデータを
ひたすらインプットしまくる
という日々を過ごしていたのです。
でも、先ほども書いた通り、
告白しなきゃ現実は何も変わらないんですよね。
いくら相手の情報をたくさん知ったところで、
当の本人がヘタれてビビって告らなければ、
付き合うも何もない訳です。

現実はアウトプットでしか変わらない

これ、
ネットビジネスでもあるあるなんですが、
いくらインプットを頑張ったところで、
その後アウトプットしなきゃ何も変わらないんですよ。
ネットビジネスでいうアウトプットってのは、
ブログ書いたりYouTubeで喋ってそれを公開するといった、「行動」の部分。
ここをやり込んでいかないと
結局何も変わらないんだけど、
実際のところは、
  • 本を読んだり
  • ノウハウを読んだり
  • 成功してる人の音声を聞いたり
  • 動画を見たり
と、インプットを頑張るばっかりで、
肝心のアウトプットがほとんどできてない。
僕も、ネットビジネスを始めて1年くらいは
まともな成果が出なかったんですが、
その時ってまさにこんな感じ。
ザ・インプット野郎でした。
とにかく、ひたすら、
インプット、インプット、インプット・・・。
で、アホみたいに
インプットをしてるもんだから、
やたらと賢くなった気になる。
でもやっぱり、
インプットしたものを外に吐き出すっていう、
肝心のアウトプットをしていなかったので
現実世界は何も変わらなかった。
じゃあ、インプットして変わるのは何か?
それは、自分の頭の中だけ
自分の脳内世界が変化するだけなんですね。
現実を変えたいのであれば、
やはりどこかで勇気を持って
アウトプットしなければいけません。
高校生の頃の僕であれば、
いくらユカリちゃんの情報を
たくさん頭の中にインプットしたとしても、
それは自分の脳内世界が変化しただけ。
「ユカリちゃんは○○っていうマンガにハマってるのかぁ~」
とか言ってニタニタしてても
ただキモいだけ。
反則級にイタいヤツです。
結局、
告白という行動(アウトプット)をしなければ
現実は何も変わらなかったということなんですね。

アウトプットこそ人を成長させる

もちろん、
告白(アウトプット)すればフラれる
という結果になる可能性も大いにあります。
しかし、仮にフラれてしまったとしても、
いずれにせよ、状況は前に進みます。
もしかしたら、案外スッキリして、
さっさと切替えて次に行けたかも知れないし
なぜダメなのか理由が聞けたかも知れない。
例えば、
「ごめん、全くタイプじゃないんだ」
と言われたなら、
「ユカリはダメなのか。じゃあサユリにしよう!」
と潔く方向転換できたかも知れないし、
「実はニキビ顔が苦手なんだよね・・・」
という理由でフラれたとわかれば、
「ニキビを治して再チャレンジ!レッツ、プロアクティブ!」
みたいな感じで、
具体的な改善点が見つかったり、
方向性がわかったりしたかも知れません。
(そーいえば高校生の時、めっちゃニキビあったわ。。。)
「好き」という想いを
内に秘めたままにしておけば、
告白するという勇気を振り絞らずに済むし、
フラれるという現実に直面することもない。
しかし、それ以上成長することもないです。
アウトプットには、
時々、痛みが伴う場合があります。
恋愛であればフラれて失恋するという痛み。
ビジネスであれば、
頑張ってブログを書いても
なかなか結果に結びつかないとか、
心無い誹謗中傷をされて
ショックを受けるかも知れない。
でも、そういった不安や恐怖を乗り越えて、
「どうなってもいいや、死ぬ訳じゃねーし」
とか言いながらアウトプットしていくことで
現実世界が変わり、人は大きく成長していく訳です。
なお、僕はこういった事実に気付くまでに
ものすごく時間がかかりました。
ホント、高校生の頃の自分に教えてあげたいなー。
ということで、
インプットばっかりやって、
やった気になっている人、
現実を変えるためにはアウトプットしましょう。
それと、
好きな女の子に告白できずに
いつまでも芋ってる男子諸君。
さっさと告白してしまおう!
フラれたっていつかネタになるぞ。
なぜ多重債務者が月収100万の自由な起業家になれたのか?
僕はほんの数年前まで、
リサイクルショップのたった数百円の洋服を買うことすらも、
奥さんにためらわせてしまうレベルの多重債務者でした。
毎月20万円の利息返済のために、
営業の仕事と警備員のバイトを掛け持ちし、
毎日毎日、自分をすり減らしながら生きていました。
そんな僕でしたが、ある時、偶然手にした一冊の本で
インターネットビジネスの存在を知り、
すがる思いでネット副業を開始。
最初はわからないこともたくさんありましたが、
やっていくうちにだんだん稼げるようになり、
気付けば月収100万円を超え、
絶対に完済はムリだと思っていた
多額の借金がなくなりました。
いまの時代はインターネットを使えば、
個人でも極めてローリスク、ローコストで、
しかも簡単にビジネスを始めることができてしまいます。
僕がどうやって、
多重債務者から月収100万円の自由な起業家へなったのか?
その方法やノウハウを、
僕の無料メールマガジンで公開しています↓↓
コメントを残す

おすすめの記事