Gmail以外のメールアドレスを使ってGoogleアカウントを取得する方法(非推奨)

Googleアカウントを取得するには基本的に何かしらのメールアドレスが必要です。

しかし、すでに自分自身が使っているGmail以外のメールアドレス(例えば、Yahoo!メールや独自ドメインのメールアドレス)でも、Googleアカウントを取得することができます。

 

「Googleの様々なサービスは使いたいけどGmailは要らない…。」という方や、「独自ドメインのメールアドレスでGoogleのアカウントを作成したい。」という方にとってはとても理にかなった方法ですね。

しかし実は、2012年に行われたGoogleアカウントの仕様変更によって、この方法は限られたルートでしか実現できなくなってしまいました。

 

また、本当かどうか分かりませんが、この方法は「Googleが推奨していない」という噂もあります。しかし、ここまで限定的なルートしか残されていないところを見ると、もしかしたら本当に非推奨なのかも知れません。

 

僕はGmailが最強だと思っているので、今回ご紹介する方法は非推奨なんですが、「どうしてもGmail以外のメールアドレスでGoogleアカウントを取得したい!」という、一部の頑固ユーザーの声に応えるべく、真面目にその方法について解説していきたいと思います。

 

【オススメ】当ブログ訪問者の86%の人に読まれている人気の記事

 

Gmail以外のメールアドレスを使ってGoogleアカウントを取得する手順

それではここから、Gmail以外のメールアドレスを使ってGoogleアカウントを取得する方法について解説していきます。

 

注意!
この記事では、解説文を補足するために、いくつかスクショ画像を掲載していますが、これらはGoogleが仕様を変更する前の古いものになっています。あらかじめご了承ください。それでも、手順はほぼ変わりませんのでご安心を。

 

Googleアカウントの作成ページヘ

まず、こちらのリンクをクリックしてGoogleアカウントの作成ページへ移動して下さい。こちらのリンクが、先述した「限られたルート」ってやつです。

 

https://accounts.google.com/SignUp?service=writely

 

アカウント情報の入力

アカウント情報の入力ページに移動しますので、各項目を順番に入力していきます。

google-account-another_001

 

まずは「名前」の入力から。

google-account-another_002

 

重要なのはここ↓

通常のGoogleアカウント作成方法では表示されていなかった、「現在のメールアドレスを使用する」というリンクがありますね。これをクリックします。

google-account-another_003

<2020年1月16日追記|現在はここが「代わりに現在のメールアドレスを使用」に変わってます>

 

 

「ユーザー名を選択」となっていた部分が「現在のメールアドレス」に変わり、入力欄からも「@gmail.com」の表示がなくなりましたね。ここに、ご自身が使いたいGmail以外のメールアドレスを入力して下さい。

google-account-another_004

 

次に「パスワード」を入力します。忘れにくく、覚えやすいものにしておきましょう。パスワードは定期的に変更することも重要です。

gmail-account_007

 

「生年月日」「性別」も入力必須項目です。ちなみに、Googleアカウントの取得は13歳以上、Google+の利用については18歳以上であることが条件です。

また、基本的に生年月日は後から修正することができません。万が一、誤入力をしてしまい、後で変更しようとする場合には、身分証コピーの提出やクレジットカードの情報等が必要となり、非常に面倒です。

gmail-account_008

 

「携帯電話」「現在のメールアドレス」については入力必須項目ではありませんが、入力しておくとユーザー名やパスワードを忘れてしまった際にスムーズな再発行ができます。

また、第三者による不正アクセスがあった場合にも、不正アクセス防止アラームの受取りが可能です。アカウント作成後に設定することもできますが、なるべく最初に入力しておくことをオススメします。

gmail-account_009

 

最後に、表示されている画像内に書かれている文字を入力する「テキストを入力欄と「国/地域」の選択、「Googleの利用規約とプライバシーポリシーに同意します。」にチェックを入れ「次のステップ」をクリックします。

gmail-account_010

 

するとこのように↓、「メールアドレスの確認」と書かれた画面が表示されますので、画面の指示にある通り、登録したメールアドレスの受信メールを確認して下さい。

google-account-another_005

 

受信メールの中に、「Googleによるメールアドレスの確認」という件名のメールが届いていると思います。そのメールの本文内に、「~~~、次のリンクをクリックして下さい。https//accounts.google.com/…」といった形で、URLが記載されていますのでそちらをクリックしましょう。

google-account-another_006

 

URLをクリックすると、今度は「GoogleアカウントにGmailを追加」と書かれた画面が表示されます。「やっぱGmailも作っとこ!」みたいな感じで、いきなり気分が変わらない限り、特に無視してOKです。

 

ここまでの作業で、すでにGmail以外のメールアドレスでGoogleアカウントの作成は完了しています(画面右上を見てみると、すでに設定したメールアドレスでGoogleにログインできていますね)。

google-account-another_007

 

ちなみに、こちら↑の画面内にも書かれていますが、今回のようにGmail以外のメールアドレスでGoogleアカウントを取得した場合であっても、後からこのアカウントと紐付けるためのGmailを新たに取得し、そのGmailアドレスを使ってログインすることも可能です。

しかしその場合、メインのメールアドレスがGmailとなり、Gmail以外のメールアドレスは予備のメールアドレスとなってしまいます。

以上、Gmail以外のメールアドレスを使ってGoogleアカウントを取得する方法の解説でした。


 

【オススメ】当ブログ訪問者の86%の人に読まれている人気の記事

 

コメントを残す

「知識」と「勇気」と「行動」で現実は変わる
僕はほんの数年前まで、
リサイクルショップのたった数百円の洋服を買うことすらも、
奥さんにためらわせてしまうレベルの多重債務者でした。
そんな僕でしたが、学び、
勇気を持って行動をし続けたら、
絶対に完済はムリだと思っていた多額の借金がなくなりました。
いまは金銭的な面でも精神的な面でも自立して、
(ちょっとゲスい話だけど)たいていのものは値札を見ずに買えます。
なんだか、ドラマみたいな話ですよね。
「そんなうまくいく訳ねーだろ!」って思うのが常人の意見だと思います。
しかし。
そんなドラマみたいな話は、
「ドラマみたいに現実を変えてやる」って
真剣に考えて行動したヤツのもとにだけ訪れる。
これは事実です。
もしいまあなたが、
過去の僕より絶望的な状況でないのであれば、
稼ぐという点では圧倒的に有利です。
学び、そして勇気を持って行動をすれば、
現実は確実に変わる。
僕が何を学び、勇気を持って行動し、
現実を変えていったのか?
についての具体的な内容については、
僕のメールマガジンで公開しています↓↓
おすすめの記事