複数のSkypeアカウントを同時に多重起動させる方法

公開日: 2015年08月26日


無料で通話やチャットができるSkype(スカイプ)は、
個人ユーザーが利用するだけでなく、

海外に支店を持つ企業がオンライン会議のために利用するなど、
その活用のされ方は多岐に渡ります。

 

そのため、ビジネス用のアカウントとプライベート用のアカウント、
あるいはプライベート用のアカウントを2つ3つ…と、
複数のSkypeアカウントを使い分けているという方も多いと思います。

 

複数アカウントを所有すれば、
状況に応じて使い分けられるというメリットがある一方で、

Skypeは通常の起動方法では多重起動できないため…、
別のアカウントに切り替えるためには一旦サインアウトして
また別のアカウントでサインインし直して…という、
かなり面倒な作業を毎回繰り返さなければいけません。

 

そこで今回は、この面倒な作業を二度としなくて済むように、
一つのパソコンで複数のSkypeアカウントを同時に多重起動させる方法を
ご紹介したいと思います。

 

複数のSkypeアカウントを同時に多重起動させる方法

それではここから、
具体的なやり方について解説していきたいと思います。

特に難しい作業はありませんが、
赤太字にしている箇所は間違いやすい部分なので注意して下さい。

 

1.自分のPCが32bit版か64bit版か確認

まずはじめに、あなたのパソコンが32bit(ビット)版なのか、
それとも64bit版なのかを確認して下さい。

※32bit版と64bit版では、この後の作業内容が若干異なります。

 

確認の方法はこちら↓の記事で詳しく解説しています。

自分のパソコンが32bit版なのか64bit版なのかを確認する方法

 

2.Skype.exeのショートカットを作成する

キーボードの「Windowsキー + E」を同時に押して、
ローカルディスク(C:)を表示して下さい。

skype_multiple-account01

 

 

Skype.exeを探すために、
各種ファイルを下記の順番でダブルクリックで開いていきます。

◆32bit版の場合

ローカルディスク(C:)Program FilesSkypePhone

◆64bit版の場合

ローカルディスク(C:)Program Files(x86)SkypePhone

skype_multiple-account02

 

 

Skype.exeを右クリック送る(N)デスクトップ(ショートカットを作成)

skype_multiple-account03

 

 

3.リンク先のコマンドを書き換える

デスクトップに作成した
「Skype.exeのショートカット」の上で右クリックプロパティ(R)

skype_multiple-account04

 

Skype.exeショートカットのプロパティを開いたら、
「ショートカットタブ」の中の「リンク先(T)」のコマンドを
下記の通りに書き換えて下さい。

※書き換えるというよりは、末尾に【 /socondary】を追加するだけ。
この時、必ず先頭(/の前)に半角スペースを入れること。

◆32bit版の場合

“C:\Program Files\Skype\Phone\Skype.exe” /secondary

◆64bit版の場合

“C:\Program Files (x86)\Skype\Phone\Skype.exe” /secondary

skype_multiple-account05

 

コマンドを書き換えたら「適用(A)」「OK」をクリックして下さい。

以上で準備完了です。

 

複数のSkypeを同時に起動させたい時は、
デスクトップに作成したSkype.exeのショートカットを開くだけ。

2つ目以降のSkypeを起動する際は、
新たにアカウント情報を入力する画面が表示されますので、
起動させたいSkype名とパスワードを入力して下さい。

skype_multiple-account06

 

SkypeのID(アカウント)を複数個持っていて、
それぞれのSkype IDを一つのPCで同時に多重起動させたい場合は、
ぜひこちらで解説する方法を試してみて下さい。

 

コメントを残す

サブコンテンツ
ページトップへ戻る ページエンドへ進む