TeamViewerの使い方と安全性について徹底解説

公開日: 2016年02月24日
最終更新日: 2016年04月14日


teamviewer-top

 

無料で使える遠隔操作ソフトとして圧倒的な人気を誇るTeamViewer(チームビューアー)。

口頭では難しいパソコン操作を誰かに教える場合や、外出先から自宅のパソコンを操作したい時に、TeamViewerのような遠隔操作ソフトがあればこれらの悩みがすぐに解決できます。

 

このように、非常に便利な遠隔操作ソフトですが、やはりその性質上、安全性に対して不安を持つ方が多いのも事実です。また、使い方が分からないという単純な理由で導入していない方もいるようです。

そこで当記事では、TeamViewerの使い方と安全性について、徹底的に解説してみました。

ぜひ参考にして頂き、遠隔操作ソフトの便利さを知って頂けたら幸いです。

 

 

目次

1.TeamViewerとは?

2.TeamViewerの安全性

・2-1.運営会社について

・2-2.セキュリティについて

・2-3.安全な使い方について

・2-4.結論

3.TeamViewerのインストール

4.TeamViewerの使い方(遠隔操作のやり方)

・4-1.遠隔操作を始める

・4-2.各ツールの使い方

  4-2-1.遠隔操作を終了する

  4-2-2.画面(壁紙)が真っ黒になる現象を解消する

  4-2-3.操作される側のマウスカーソルを表示させる

  4-2-4.操作される側の画面を、操作する側の画面いっぱいに表示する

  4-2-5.チャット

  4-2-6.やり取りしたチャットの保存

  4-2-7.ファイルの転送

5.まとめ

 

 

1.TeamViewerとは?

TeamViewerとは、インターネット経由でパソコンやスマートフォン、タブレットなどを遠隔操作することができるソフトです。

遠隔操作の他にも、テレビ電話機能(電話会議)や画面共有機能といったものもありますが、TeamViewerの一番の目玉は、やはり遠隔操作機能です。

 

TeamViewerの遠隔操作機能を使えば…

  • 自宅や職場のパソコンを外出先から操作できる
  • 誰かのパソコンを代わりに操作できる
  • スマートフォンを使って自宅のパソコンを操作できる

 

…といった感じで、実に様々なことができます。具体例を見てみましょう。

 

<具体的な利用例①:遠隔でつないで相手のPCを直接操作>

電話やSkypeの音声通話などではなかなか上手く伝えられないことであっても、遠隔でつないで相手のPCを直接操作してしまえば、すぐに問題を解決してあげられるので非常に便利です。

パソコン操作に慣れていないおじいちゃんおばあちゃんのパソコンの設定を代わりにやってあげることだってできます。

 

<具体的な利用例②:会社のPCを外出先から遠隔でつないで商談>

会社のパソコンにしか入っていないソフトを、どうしても外出先(取引先)で使いたい時。

持ち出し用のノートパソコンがあれば、会社のデスクトップPCを遠隔操作することができるので、スマートに商談をすることができます。

 

 

このように、非常に便利なTeamViewer。

ちなみに、TeamViewerは個人で利用する場合に限り、無償で使用することが可能です。

無料で使えるからと言っても、機能性や操作性、安全性が低いという訳では全くないので、とても安心して利用することができます。

 

 

2.TeamViewerの安全性

TeamViewerはとても便利なソフトです。しかし、「パソコンの遠隔操作」と聞くと…

 

「誰かに勝手にパソコンを操作されてしまわないだろうか?」

「個人情報が漏れたり、犯罪に利用されたりしないだろうか?」

 

やはりこのような心配がありますよね?

 

そこで、ここではTeamViewerの安全性や、安全な使い方についてご説明していきます。

※「とりあえず安全なんでしょ?わざわざ説明はいいからさっさと使い方教えてよ。」というせっかちさんは、こちらの章は読み飛ばして頂いても大丈夫です(笑)

次の章、「3.TeamViewerのインストール」へお進みください。あ、でも「2-3.安全な使い方について」だけは見ておいてくださいね。

 

 

2-1.運営会社について

まず、TeamViewerを運営している会社について。

こちら↓は、TeamViewerのHP内にある、会社紹介のページの一部を抜粋したものです。


<TeamViewerについて>

ドイツに本社を置くTeamViewer GmbHは、2005年に設立され、オンラインコラボレーションと通信のためのハイエンドソリューションの開発と流通に専心しています。迅速な立ち上げと急速な高成長により、世界中の200を超える国で200,000,000以上のインストールが行われています。このソフトウェアは、現在30ヵ国語以上で利用できます。

TeamViewer公式HP

 

ご覧の通り、TeamViewerを運営している会社は、本社がドイツにあり、提供しているサービスが世界各国でめちゃくちゃ使われているということが分かります。

 

 

2-2.セキュリティについて

会社概要を見ただけではまだ安全かどうかは分かりませんので、念のため「セキュリティ」に関しても確認してみましょう。

TeamViewerのHPには、セキュリティについて非常に詳しく解説しているページがありますので、そちらをご覧ください。


セキュリティとプライバシー|TeamViewer

 

ご覧頂ければお分かりだと思いますが、遠隔操作をしている時の通信は常に暗号化されているようですし、TeamViewerという企業自体もISOを取得しているなど、徹底した品質管理をおこなっていることが分かります。

 

 

2-3.安全な使い方について

「遠隔操作をする側」は、「遠隔操作をされる側」から、IDとパスワードを教えてもらわないと、遠隔操作をすることができません。

よって、当然ですがTeamViewerをインストールしただけで、誰かに勝手にパソコンを遠隔操作される、などということは絶対にないのでご安心ください。

 

安全に使うために大事なことは、自分自身でしっかりとIDとパスワードを管理することです。

 

TeamViewerのパスワードはソフトを終了するとリセットされ、次にソフトを起動する時にまた新たなパスワードが生成されます。

なので、誰かに遠隔操作をしてもらった後は、毎回必ず、TeamViewerを終了するようにしてください。

 

このようにしておけば、まずあなたのパソコンが誰かに勝手に遠隔操作されるといった心配はありません。

 

 

2-4.結論

TeamViewerは、安全。

 

 

3.TeamViewerのインストール

それではここから、TeamViewerのインストール方法について解説していきます。

こちら↓のリンクをクリックして、TeamViewerのサイトへ移動してください。


TeamViewer 無料ダウンロードページ

 

 

TeamViewerのトップページに、「今すぐダウンロード(無料)」と書かれた箇所がありますので、そちらをクリックします。

teamviewer-001

 

 

自動的にインストーラー(TeamViewer_Setup_ja.exe)がダウンロードされますので、ダウンロードが完了したら、そちらを開いてください。

teamviewer-002

 

 

TeamViewerのダウンローダーが起動します。

最初の画面はこのように↓、「インストール」、「個人/商用以外」、「詳細設定の表示」にチェックを入れ、右下の「同意する-次へ」をクリックします。

teamviewer-003

 

 

パソコンにTeamViewerをインストールしても良いかどうか聞かれます。こちらは「はい」をクリック。

teamviewer-004

 

 

次に詳細設定です。このように↓、すべてのチェックを外して、「完了」をクリックしてください。

teamviewer-005

 

 

このような画面が表示されればインストール完了です。右下の「終了(×)」をクリックしましょう。

teamviewer-006

 

 

4.TeamViewerの使い方(遠隔操作のやり方)

それでは次に、TeamViewerの使い方について、ご説明します。

ここではTeamViewerで最もよく使う「遠隔操作の使い方」についてのみ、ご紹介させて頂きます。

 

 

4-1.遠隔操作を始める

やり方は非常に簡単。

遠隔操作をされる側が、IDとパスワードを相手方に伝える。ざっくりご説明すると、これだけです。

 

もう少し詳しくご説明します。

まず、操作する側、される側の双方とも、TeamViewerを起動してください。

 

<遠隔操作をされる側の人>

ソフトを起動すると基本画面が表示され、左側に「使用中のID」と「パスワード」が表示されます。操作される側の人は、こちらのIDとパスワードを、遠隔操作をする側の人に(電話やメールやチャット等で)教えてあげてください。

teamviewer-007

 

 

<遠隔操作をする側の人>

相手のパソコンを遠隔操作する時は、基本画面の「パートナーID」というところに、相手(操作される側)から教えてもらったIDを入力してください。また、すぐ下の「リモートコントロール」にチェックが入っていることも確認しましょう。

準備が整ったら「パートナーに接続」をクリックします。

teamviewer-008

 

 

「TeamViewerの認証」という小さな画面が現れます。「パスワード」のところに、相手(操作される側)から教えてもらったパスワードを入力し、「ログオン」をクリックしてください。

teamviewer-009

 

 

すると、画面が切り替わり…

teamviewer-010

 

 

相手の画面が表示されました。接続に成功(遠隔操作の開始)です。

こちら↓は遠隔操作をする側のパソコン画面です。ピンク色の部分が相手(操作される側)の画面。外側の紫色の部分が自分(操作する側)の画面です。

teamviewer-011

 

遠隔でつながっている間は、表示されている相手の画面(ピンク色の部分)の操作をできるだけでなく、自分の画面(紫色の部分)も操作することができます。

 

 

4-2.各ツールの使い方

遠隔操作が始まると、画面上部にTeamViewerのツールバーが表示されます。

teamviewer-012

 

 

以下、特に使用頻度の高そうなツールの使い方をご紹介していきます。

 

 

4-2-1.遠隔操作を終了する

ツールバーの一番左の「×」ボタンをクリックすると、遠隔操作を終了することができます。※他にも、ブラウザ右上の「×」ボタンや、画面右下のパネルメニューの「×」ボタンをクリックすることでも遠隔操作を終了することができます。

teamviewer-013

 

 

4-2-2.画面(壁紙)が真っ黒になる現象を解消する

TeamViewerで遠隔操作をすると、双方の画面(壁紙)が真っ黒になってしまいます。

teamviewer-031

 

 

これを解消し、本来の画面(壁紙)に戻すには、「メニューバー」→「表示」と進み、「壁紙の非表示」のチェックを外すことで解消できます。

teamviewer-014

 

 

双方の画面(壁紙)が元に戻りました。

teamviewer-015

 

 

4-2-3.操作される側のマウスカーソルを表示させる

TeamViewerの初期設定のままだと、操作する側の画面には操作される側のマウスカーソルが表示されない設定になっています。

操作される側のマウスカーソルを表示させるには、メニューバーの「表示」をクリックし、「リモートカーソルを表示」にチェックを入れることで解決できます。

teamviewer-016

 

 

例えば、電話やSkype音声通話で話をしながら、遠隔操作を使ってパソコンの設定方法を教えてもらう時のあるあるの一つ。

「ココ、ココ!ココってどうすればいいの?」って場面があります。

しかし、操作される側のマウスカーソルが非表示のままだと、肝心の「ココ!」を伝えられないという、とても悔しい思いをしてきた方も多いと思います。これにて一件落着です。

 

 

4-2-4.操作される側の画面を、操作する側の画面いっぱいに表示する

遠隔操作を開始すると、操作する側の画面はこのように↓、相手の画面と自分の画面がそれぞれ表示されます。

この時、相手(操作される側)の画面を、自分(操作する側)の画面いっぱいに表示させたい場合は、メニューバーの「表示」をクリックし、「フルスクリーンに切り替え」をクリックすることで実現できます。

teamviewer-017

 

 

この通り↓、画面いっぱいに相手(操作される側)の画面を表示することができました。

teamviewer-032

 

 

4-2-5.チャット

TeamViewerでは、遠隔操作をしながら、相手とチャットをすることができます。チャットを開始するには、メニューバーの「通信」をクリックし、「チャット」を選択。

teamviewer-018

 

 

するとこのような↓、チャット画面が立ち上がります。フォームへメッセージを入力し「送信」をクリック、もしくはキーボードの「Enter」を押せば相手にメッセージが送信されます。

teamviewer-019

 

 

チャット機能は、遠隔操作をされる側が立ち上げることも可能です。画面右下のパネルメニューの「チャット」ボタンをクリックすれば、チャット機能が立ち上がります。

teamviewer-020

 

 

4-2-6.やり取りしたチャットの保存

やり取りしたチャットの内容は、遠隔操作を終了すると全て消えてしまいますが、保存しておくことも可能です。

 

<遠隔操作をする側の人が保存する場合>

まず、チャットボックス右下の小さな「矢印ボタン」をクリック。

teamviewer-021

 

 

すると、画面右下にパネルメニューが現れますので、「チャット」の部分の「歯車ボタン」→「保存」と進み…

teamviewer-022

 

 

保存先を指定して「保存」をクリックすれば完了です。

teamviewer-023

 

 

<遠隔操作をされる側の人が保存する場合>

画面右下のパネルメニューの中から、「チャット」の部分の「歯車ボタン」→「保存」と進み…

teamviewer-022

 

 

保存先を指定して「保存」をクリックすれば完了です。

teamviewer-023

 

 

※遠隔操作をされる側がチャットを使う際は一点だけ不便な点があります。それは、「Enterキー」を押すとメッセージがすぐ送信されてしまう点です。

これの何が不便かって言うと、例えばキーボードで文字を打って、その入力した文字を決定する時って、普通は「Enterキー」を押しますよね?

 

実はこの時に押す「Enter」でメッセージが送信されてしまうので、要するに、一つの文章を区切りながら入力していくと、区切りごとにメッセージが送信されていくので、一つの分が縦に分割されてしまいます。※実際にやってみると不便さが分かります…。

現状、これを解決する方法はないようなので、チャットを使う際は気をつけてください。

teamviewer-030

 

 

4-2-7.ファイルの転送

TeamViewerでは、遠隔操作の画面を使って、相手方とファイルのやり取りができます。

 

<遠隔操作する側からファイルを送る場合>

メニューバーの「ファイルおよびその他」→「オープンファイル転送」と進みます。

teamviewer-024

 

 

ファイル転送セッションが開きます。こちら↓をご覧ください。左側のピンク色の部分が遠隔操作をする側のパソコン、右側の紫色の部分が遠隔操作をされる側のパソコンです。現在は双方ともデスクトップに置いているコンテンツが表示されています。

teamviewer-025

 

 

一例として、遠隔操作をする側(ピンク色)のパソコンにある「テスト.txt」というファイルを、遠隔操作をされる側(紫色)のデスクトップへ転送してみたいと思います。

やり方は簡単。「テスト.txt」ファイルを右側の紫色のエリアへドラッグ&ドロップするだけで、あっという間にファイルの転送ができちゃいます。

teamviewer-030

 

 

 

<遠隔操作される側からファイルを送る場合>

画面右下のパネルメニューから「ファイルボックス」をクリックし、「共有するにはここにファイルをドロップ」というところへ、転送したいファイルをドラッグ&ドロップします。操作される側がおこなう作業はこれだけ。

teamviewer-027

 

 

あとは、操作する側が送られてきたファイルをダウンロードするだけです。

ファイルが転送されると、操作する側の画面右下にパネルメニューが表示されます。送られてきたファイルの横にある「▼三」ボタンをクリックし、「ダウンロード」を選択しましょう。

teamviewer-028

 

 

保存先を選択して、「OK」をクリックすればダウンロード完了です。

teamviewer-029

 

 

5.まとめ

2016年2月24日現在、TeamViewerの最新バージョンはVer.11.0です。この最新バージョンは、これまでに比べて圧倒的に操作性が高くなりました。

特に、遠隔操作をする側の画面に映し出される相手方(操作される側)の画面の解像度や反応速度(今まではちょっと遅れて動く感じだった)が格段に良くなりました。

 

基本的には当記事ではご紹介した機能さえ覚えておけば十分だと思いますが、他にもまだまだたくさんの機能がありますので、興味のある方は色々と試してみてはいかがでしょうか?

 

また、TeamViewerはSkypeの音声通話と併用することが多いので、まだSkypeをインストールしていない方は、ぜひこの機会にインストールしておきましょう。


Skype(スカイプ)のダウンロード方法

 

 

“TeamViewerの使い方と安全性について徹底解説”へ1件のコメント

  1. arppei より:

    はじめましてこんにちは!
    ランキングより訪問させていただきました☆

    以前、会社で隣の無人席のPCが勝手に動いていたことを思い出しました。

    これのことか!!!と納得です。しかも安全なんですね。

    どこでも会社PCを触れることはすごく有り難いです。

    インストールします!良い情報ありがとうございました☆

コメントを残す

サブコンテンツ
ページトップへ戻る ページエンドへ進む