beginner-frame-of-mind

久々に(いや初めて?)ガッチガチムッチムチの体育会系な事を書いてみます。

  • ネットビジネス初心者
  • 階段の踊り場(5~10万くらい)でまごついてる人
  • なかなかムケない人

主にこの辺りの方向けの内容です。タイトルが「副業アフィリエイターが――」となっていますが、学生の方や主婦の方にも「むむむ・・・」っと唸って頂けると思いますので、暇な方30万円稼ぎたい方はぜひご一読ください。

また、専業アフィリエイターの方には初心を思い出して頂く良いきっかけになるかも知れません。

最近、色々な方(特に初心者さん)から、「どうすれば、本業やりながら副業(アフィリエイト)で成果を出せるようになりますか?」的なご質問を頂くことが多いです。今回はその回答みたいな感じですね。

 

目次

  1. 覚悟を決める
  2. 何を犠牲にするか決める
    2-1.ランチタイム
    2-2.趣味や娯楽
    2-3.睡眠時間
    2-4.家族と過ごす時間
  3. 「時間が無いのは当たり前」を受け入れる
  4. 作業時間は積み重ねるもの
  5. 本業のせいにしない
  6. 投資意識を持つ
  7. 移動中にやること、PCの前にいる時にやることを明確にする
  8. 最初から自己流でやらない

まとめ

 

1.覚悟を決める

いきなり体育会系なノリですが。しかしでも、詰まるところココがブレブレだと、結局これ以降お伝えすることが全くできないのかなと思います。

「最初は何よりも目標設定が大事!」とか色々な意見もありますけどね。でも、とにかくまずは「アフィリエイトで稼ぐ」という覚悟を決めることが超重要です。

「アフィで月10万円くれぇ稼ぎてぇなぁ・・・」じゃなくて。
「アフィリエイトで月10万円稼ぐ男に俺はなる!」が正解。

 

前者はまだまだ希望願望レベル。棚からボタモチが落ちてくるのを待ってるけど落ちて来ない感じ。一方後者は「稼ぐこと」は決定事項。だから何が何でもやる。覚悟レベルが違う訳です。

誰に何を言われても、そう簡単に信念を曲げちゃダメなんです。

ただし、「母ちゃんオラ絶対稼ぐぜ!」と覚悟決めるのは大事ですが、モチベーションの部分まで修造さんに寄せなくて大丈夫・・・。モチベーションは常に70~80%程度でOK。いつも100%は無理です。途中で必ず息切れしちゃいますし、気温上昇しちゃいますし、挫折の原因にもなりますし。

「稼ぐ」と覚悟を決めたら、あとは目標に向かってずんずん進む。とにかく淡々と作業をするのみです。

※誤解のないように言っておきますが目標設定もクッソ大事です。正しい目標設定のやり方についてはまた別の機会に・・・。

 

2.何を犠牲にするか決める

副業アフィリエイターはとにかく時間がありません。だから、「アフィリエイト王に俺はなる!」と決めたのであれば、次は「作業時間を確保するために何を犠牲にするかを決めるという壁と対峙するステージ」に進みます。

アフィリエイトは「空いた時間」でやるんじゃないです。「作った時間」でやるんです。

以下、僕が「アフィリエイト王に俺はなる!」と覚悟した頃に犠牲にしたものをご紹介します。あと、僕はワンピース読んだことないです。

 

2-1.ランチタイム

僕がまず最初に犠牲にしたのは「ランチタイム」です。

お昼休憩の一時間がスタートすると同時に、あらかじめ買っておいた弁当を5秒で喰らいます。もちろん、情報収集しながらのモグモグ(ながらモグ)です。お行儀は悪いですが知った事かという話です。

また、同僚にランチのお誘いを頂いても丁重に断ります。こういった場面でも、最初の「覚悟レベル」が重要になってきます。誘いをサラリとスマートに断れるか、それとも意に反してワッショイワッショイとランチに向かうか・・・。後者の方は改めて覚悟レベルを見直したほうが良いですね。

あるいは、そもそもランチを取らないっていう戦略もアリです。昼メシ後、眠くならないので午後のパフォーマンス上がりますし。ちなみに僕は基本一日一食なんですが、すこぶる体調が良いです。一日一食生活おすすめです。話逸れましたね。

 

2-2.趣味や娯楽

すぐにやめるべき娯楽は「テレビ」です。

実は僕も、昔はテレビ観るのが超好きだったんですが、放っとくと朝から晩まで観てしまうダメ野郎だったので・・・。実家に強制送還しました。(※独身の時の話)

その甲斐あって、今でもテレビはほとんど観ません。(超たまにネコ番組とサッカーの試合くらいは観ますが。あとミスチル。)

だからもし、「帰宅したら電気つけるより先にテレビつけます!」級のTV Boys & Girlsは、とりあえずリモコンをぶっ壊すところから始めると良いですね。チャンネル変えたくてもテレビ本体まで出向かなきゃいけなくなるので。そのうち面倒くさくなってテレビ観なくなるハズです(リモコンの破壊に抵抗があるなら、あえてリモコンだけ会社の引き出しにしまっておこう)。

また、趣味に関してもアフィリエイトが軌道に乗るまではお預けです。僕の場合、フットサルがコレでした。招集されても半年間くらいは「今はチームのためになれない」とか適当なこと言って参加を見送ってました。

いずれにせよ、アフィリエイトで稼ぎたいくせに、趣味、娯楽を一時的にでも我慢できないようでは、アフィリエイトという名の修行(作業)を継続していくことはできないと思います。

※ただし、ブログのネタ探しをする等の、“仕事としてテレビを観る”はOK。

 

2-3.睡眠時間

基本的に睡眠はたっぷり取ったほうが良いです。理想は7時間くらい。

でも、そもそも時間がない副業アフィリエイターが、「睡眠不足じゃクリエイティヴなideaは生まれない(真顔)」とかカッコ良くほざいてる場合じゃないですから。強制的に作業時間を創出するしかないんですね。その中で最も手っ取り早いのが睡眠時間を削ることだと思います。

ただ、連日連夜、夜更かししまくると体調を崩してしまう可能性もありますので、そこはしっかりと自己管理しつつやっていきたいですね。

 

2-4.家族と過ごす時間

家庭がある人にとって、この時間をアフィ作業に充てるというのは、なかなか気合いの要る決断かも知れません。場合によっては奥さんに「KUSOKASUがっ!!」とか言われちゃうダンナさんもいるでしょう。なので、ここはしっかりと家族の理解を得られるように真剣に話し合うべきです。

  • この状態がずっと続く訳ではないという事(「いつまで」を明確に)
  • 家族のためにアフィリエイトを頑張るニャヲ(全然真剣じゃない)

しっかりと「家族と過ごす時間を削る理由」を真剣に伝えれば、応援してくれるご家庭が大半なのではないでしょうか?

ただ、どうしても理解が得られないとか、家族と過ごす時間だけは削りたくない、という場合は無理に削る必要ないです。人間関係がパサつくと仕事にも良い影響がないので。その分、他で時間を捻出する努力をしましょう。

 

3.「時間が無いのは当たり前」を受け入れる

よく、副業アフィリエイターの方から、「本業が忙しくてアフィリエイトの作業時間が取れません…。」とか、「作業時間が○時間しか無いんですけど、こんな自分でもアフィリエイトで稼げますか?」というご相談を受けます。

まず、これの回答としては、「稼げません」となります。ちょっと厳しい言い方になりますが、そもそもこのようなマインドや覚悟レベルでは、5年やっても10年やっても稼げるようにはならないでしょう。(キリッ)

まず、副業でアフィリエイトに取り組む方に認識して欲しいのは、「“副業”なんだから時間なんて無くて当然」ってこと。だってサラリーマンなんだから。どんなにラクな会社に勤めていても、大抵の場合は一日の大半の時間を会社に捧げる訳なので。時間なんてそもそも無いんです。

副業なんだから時間なくて当然。まずはこの現実を受け入れることから始めましょう。「時間が無いのが当たり前」を受け入れられれば、「じゃあどうすれば作業時間を作れるか?」っていう思考になります。

では次に、「どうすればアフィリエイトの作業時間を作れるか?」という点について。

 

4.作業時間は積み重ねるもの

多くの副業アフィリエイターさんは、「アフィリエイトの作業時間」=(イコール)「仕事終わって家に着いて、風呂入ってご飯食べて~の後の時間」をイメージするようです。要するに、「PM22時~AM1時までの3時間」などの「連続した時間」ですね。

だからどうしても「帰宅時間」を基準にして、そこから寝るまでの “残り時間”しか見えてない。帰宅時間が更に遅くなると、「作業時間がない!」ってなっちゃうんです。

しかし、そもそも本業がある時点で、連続した作業時間をがっつり確保しようなんてのは贅沢な話。「アフィ作業はゆっくりシャワーを浴びたあ・と・で(はぁと)」という考え方を変えなきゃダメです。

  • 早起きしてAM6時から家を出る7時までの1時間
  • 通退勤の移動時間の往復1時間
  • お昼休みの1時間
  • 帰宅後~寝るまでの3時間

例えばこんな感じのタイムスケジュールであれば、たとえ副業でも一日6時間もの作業時間を確保できます。アフィリエイトに充てる時間は「積み重ねる」という意識を強く持ちましょう。

 

5.本業のせいにしない

作業をしない(できない)理由を本業のせいにするのはダメです。

そもそも、はじめからネットビジネス一本でやってる人なんて極一部。みんな最初は副業なのです。

まずは一週間やり切ってみる。もう一週間頑張ってみる。さらにもう一週間・・・。こうやって積み重ねていくこと、継続していくことがとにかく大事。

アフィリエイトで挫折するのは本業のせいでも、ノウハウのせいでもありません。挫折の一番の原因は、「孤独」と「継続」です。

 

6.投資意識を持つ

大丈夫だと思いますが。一応。

ここでいう「投資」っていうのは株とかFXのことじゃないです。自己投資のことです。アフィリエイトで言えば、教材やツール、あるいは外注雇うとか、コンサル受けるとかですね。

「稼げるようになってから買います!」って言う人がたまにいますけど、そのような思考を持っている場合は、“稼げるようになるまで”にも相応の時間をロスするという事実にも目を向けましょう。

単調な作業があるならそれを積極的に外注化する、ツールに任せる

→ 時間浮く。

すでに結果を出している人がいるなら、お金を払ってそのノウハウをパクる

→ ショートカットできる。無駄な時間費やさなくて済む

 

こういった思考に切り替えていかないと、いつまでも大半の時間をルーティーンに奪われます。もっと生産的な作業をしないと。

アフィリエイトで成果を出すには、「時間をお金で買う」という考え方は必須です。

 

7.移動中にやること、PCの前にいる時にやることを明確にする

電車通勤の方、車通勤の方、色々といらっしゃると思いますが。通勤中にゲームやってるとか論外ですからねー\(^o^)/コラー 移動中はとにかくインプット系の作業に徹しましょう。

  • 教材読む
  • 情報収集(ネタ探し)
  • キーワードチェック
  • ライバルサイトのチェック
  • 音声教材のヒアリング

で、PCの前にいる時はもうひたすら!ただただひたすら、アウトプット作業に徹する。記事作成などの「PC広げないとできない作業」しかしない。

※スマホでも記事作成できんじゃね?っていうツッコミはいらないぞ。

 

副業アフィリエイターにとって、PCで作業できる時間っていうのはとにかく超貴重な訳です。そんな時にPCで音声教材聴くとか、超U・N・KOです。ダメ、ぜったい。

  • ご飯を食べながら参考記事を読む
  • スマホをジップロックに入れて風呂で音声学習
  • うんちしながら教材読み返す

インプット作業は徹底的にオフ・ザ・PCの時にやりましょう。

 

8.最初から自己流でやらない

いきなり自己流でやるのは愚の骨頂です。すでに成果を出している人から盗みましょう。

僕らは電球を再発明しようとしちゃいけないんです。以上。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

全体的にアソビゴコロを入れ過ぎたふざけ過ぎたので、全然頭に入って来なかったかも知れませんね。

「知識」と「勇気」と「行動」で現実は変わる
僕はほんの数年前まで、
リサイクルショップのたった数百円の洋服を買うことすらも、
奥さんにためらわせてしまうレベルの多重債務者でした。
そんな僕でしたが、学び、
勇気を持って行動をし続けたら、
絶対に完済はムリだと思っていた多額の借金がなくなりました。
いまは金銭的な面でも精神的な面でも自立して、
(ちょっとゲスい話だけど)たいていのものは値札を見ずに買えます。
なんだか、ドラマみたいな話ですよね。
「そんなうまくいく訳ねーだろ!」って思うのが常人の意見だと思います。
しかし。
そんなドラマみたいな話は、
「ドラマみたいに現実を変えてやる」って
真剣に考えて行動したヤツのもとにだけ訪れる。
これは事実です。
もしいまあなたが、
過去の僕より絶望的な状況でないのであれば、
稼ぐという点では圧倒的に有利です。
学び、そして勇気を持って行動をすれば、
現実は確実に変わる。
僕が何を学び、勇気を持って行動し、
現実を変えていったのか?
についての具体的な内容については、
僕のメールマガジンで公開しています↓↓
コメント一覧
  1. ゆい より:

    こんばんわ!
    すごく気が引き締まりました!!

    ちょっと覚悟が甘かったように感じるので、今一度気を引き締めて取り組んでいこうと思います!

    ありがとうございました!

  2. えいちゃん より:

    こんにちは。アソビゴコロ、面白かったです^^
    私の場合は概ねクリアできていましたが、最初の覚悟が若干弱いような気がしました。
    あと「移動中にやること、PCの前にいる時にやることを明確にする」の部分があいまいなままになっていることに気付いたので、文字に起こしてまとめてみます。
    参考になりました。応援して帰ります。ブクマしたのでまた来ますね!

  3. QooAIBO より:

    こんばんは。

    私のような初心者には8つの心構えがとても参考になりました。

    これから頑張ってやってみよう!という気になりました!

コメントを残す

おすすめの記事