特定のアプリ(プログラム)の解像度がピンぼけする現象の解決方法

公開日: 2015年07月27日
最終更新日: 2015年10月29日


display-resolution_top

 

先日、新しいノート型PCを購入したんですが、実はその際にちょっと困った現象に遭遇しました。どんな現象かって言うと…、「特定のアプリ(プログラム)の解像度だけピンぼけする」という現象です。

 

この問題の厄介なところは、ピンぼけするアプリ(プログラム)がある一方で、ピンぼけしないアプリ(プログラム)もあるという所。試行錯誤の結果、何とか解決することができましたので、今回はこちらの現象が起こる原因、そして実際に僕が行った解決方法をシェアしたいと思います。

 

「特定のアプリ(プログラム)だけ解像度が低い」とは?

そもそも、こんなことで悩んでいる人は圧倒的少数だと思いますので(笑)、冒頭の説明だけではイメージが伝わらないかも知れません…。

 

ということで、まずは問題の“現象”をご覧下さい。例えばこちら↓。

 

これは、いくつかのピンぼけするアプリのうちの一つである、「Skype for Windows デスクトップ」を開いた時の画面。

display-resolution_01

 

 

こちら↓のピンぼけしていない部分(天気予報)と並べてみるとその差がよく分かると思います。よーく見ると、右側のSkypeのほうがぼやけていますね。

display-resolution_02

 

 

このように、複数のアプリ(プログラム)を同時に開いている時(例えば、Google Chromeとメモ帳とSkype for Windows デスクトップの3つを同時に開いている時など)に、特定のアプリ(この場合はSkype for Windows デスクトップ)だけ解像度が低いという現象に遭遇した訳です。

 

“画面の解像度”を変更してもダメ…

この現象に初めて遭遇した時、僕はそこまで大きな問題だとは思っていませんでした。というのも、「こんなの“画面の解像度”を変更するだけでしょ」と思っていたので…。

 

ちなみに、“画面の解像度を変更する”というのは↓こういうことです。

 

デスクトップの適当な場所で右クリック「画面の解像度(C)」を選択。

display-resolution_03

 

 

「画面の解像度」の設定画面で、最適な解像度に変更する。

display-resolution_04

 

 

しかし、ここで解像度を変更すると言っても、僕が購入したPCの推奨解像度は「1920×1080(フルHD)」なので、これより解像度を下げてしまう(PC全体の解像度を下げてしまう)ということは、せっかくキレイに表示されている他の部分の解像度まで下がってしまうということになります。

 

これでは本末転倒。何の解決にもなりません…。

 

解決方法は“解像度”ではなく“拡大率”

こんな感じで試行錯誤すること数時間…。一時はこの“ピンぼけ状態”を受け容れることも覚悟しましたが、なんとか解決方法を見つけることに成功しました。それではここから、その解決方法をご紹介します。

 

まず、デスクトップの適当な場所で右クリック 「画面の解像度(C)」を選択(※ここまでは先ほどと一緒)。

display-resolution_03

 

 

重要なのはここからです。

 

「画面の解像度」の設定画面で、「テキストやその他の項目の大きさの変更」を選択。

display-resolution_05

 

 

次の画面に移動したら、中段あたりの「すべてのディスプレイで同じ拡大率を使用する」にチェックを入れて下さい。

display-resolution_06

 

 

上記のチェックを入れると、↓このように拡大率のサイズ選択項目(小-100%(S)・中-125%(M)・大-150%(L))が表示されます。(※ちなみに、僕の場合は「中-125%(M)」で解決したのですが、PC環境によっては「小-100%(S)」で解決するケースもあるようですので、どちらも試してみてから最適なサイズを選択して下さい。)

 

サイズを選択したら、画面右下の「適用(A)」をクリックします。

display-resolution_09

 

 

適用をクリックすると、“これらの変更を適用するには、コンピューターからサインアウトする必要があります。”という警告が表示されますので、「今すぐサインアウト(S)」を選択して下さい。

display-resolution_07

 

 

すると、自動的にPCが再起動しますので、再びPCが立ち上がったら試しに解像度が低かった問題のアプリ(プログラム)を開いてみて下さい。恐らく、ピンぼけしていたアプリの解像度が上がって、全てキレイに表示されるようになったかと思います。

 

こちらがピンぼけしている状態(解決前)。

display-resolution_01

 

 

そしてこちらが解決後。明らかに違います。

display-resolution_08

 

 

まとめ

実は、解決した数日後に知ったことなんですが、どうやらこの現象は「Windows8.1へバージョンアップすると起こる現象の一つ」だったようです。Windows8.1へバージョンアップすると、Windows8.1に最適化されていないアプリに関しては今回のような「解像度が低くなる(ピンぼけする)現象」が起こってしまうとか…。

 

僕も今までずっとWindows7を使っていたので、このような現象が存在すること自体、知らなかったのですが、もし僕と同じような現象に遭遇した方は、上記でご説明した解決方法を試してみて下さい。

 

コメントを残す

サブコンテンツ
ページトップへ戻る ページエンドへ進む