google-adsense-own-domain-required-top

 

Googleアドセンスの審査が独自ドメインでしか申し込むことができなくなりました。

これまでは多くの無料ブログが採用しているサブドメイン形式やサブディレクトリ形式でもアドセンスの審査に申し込むことができていたのですが、2016年3月上旬頃からついに、サブドメイン形式やサブディレクトリ形式での審査申し込みができなくなってしまいました。

 


<サブドメイン形式>

サブドメイン形式とは、独自ドメイン(例:http://nemoto.com)を細かく分けて使用したい時に採用する形式の一つ。http:// ○○○○.nemoto.comの“○○○○”の部分を、大元のドメイン(http://nemoto.com)のサブドメインと呼ぶ。


<サブディレクトリ形式>

サブディレクトリ形式とは、独自ドメイン(例:http://nemoto.com)を細かく分けて使用したい時に採用する形式の一つ。http://nemoto.com/○○○○の“○○○○”の部分を、大元のドメイン(http://nemoto.com)のサブディレクトリと呼ぶ。「path(パス)」と呼ぶこともある。


<サブドメインとサブディレクトリの違い>

「http://nemoto.com」という一つのメインサイト(ルートドメイン)を、メインサイトとはテーマや役割が異なる形式のページを作りたい時に採用するのがサブドメイン、メインサイトのテーマについて、そのテーマを中分類したような詳細ページをメインサイト(ルートドメイン)と分けて作りたい時に採用するのがサブディレクトリ形式、と認識しておけば問題ない。

 

まず、結論からお伝えすると、今後は、Googleアドセンスの審査は独自ドメイン形式のブログ(またはサイト)でしか審査の申し込みができません

そこで当記事では…

  • 無料ブログで審査申し込みを拒否された場合の対処法
  • 独自ドメインブログでアドセンス審査を申し込む前に準備しておくこと
  • アドセンス審査用の独自ドメインブログを審査通過後も有効活用する方法

といった内容を中心に解説していきたいと思います。

 

※当記事のタイトルで、“無料ブログは不可”という表現をしていますが、これは便宜上、このような表現を使っております(初心者の方でも理解して頂きやすいようにこのように表現しております)。

無料ブログサービスでも独自ドメインを使えるところはあるので、「Googleアドセンスの審査に無料ブログは使えない(不可能)。」という表現の仕方は厳密には間違っております。ご了承下さい。

 


Googleアドセンス審査が独自ドメインを使っても否認される件について(追記日:2016年6月15日)

2016年月5月中旬頃より、Googleアドセンスの審査を独自ドメインで申し込みをしようとすると、「このURLではAdSenseにお申し込みいただけません」といったエラーが表示されてしまい、それ以上先へ進めないという問題が発生しています。
現時点ではまだGoogleからの正式な解決方法が発表されていないのですが、何とか先へ進める方法を考え、アドセンスアカウントを取得するところまで進むことができましたので、同様の問題でお悩みの方はこちらの記事アドセンス申請が独自ドメインなのにできない?解決方法を公開」をご覧下さい。

Googleアドセンス審査が厳格化したことで審査に落ちる人が続出している件について(追記日:2016年7月14日)

2016年月5月頃より、Googleアドセンスの審査が厳格化しています。この影響でアドセンス審査に落ちる人が続出しています。
今までは誰でも通ると言われていた一次審査ですら、なかなか通過できない状況です。実際に審査に落ちた方々のブログを見たり、お話を伺いながら、どうすれば現行のアドセンス審査を通過できるか?ということをまとめた記事「Googleアドセンス審査が厳格化!落ちた人に学ぶポイント10個(2016年下半期以降版)」を公開しましたので、審査に通過できずに困惑している方はぜひご覧になってみて下さい。

 

目次

1. サブドメイン形式が拒否される時のエラーメッセージ

2.全世界で独自ドメイン必須化に

3.無料ブログで審査申し込みを拒否された場合の対処法

4.独自ドメインブログでアドセンス審査を申し込む前に準備しておくこと

5.まとめ

 

1.サブドメイン形式が拒否される時のエラーメッセージ

3月上旬頃からこのような↓お問い合わせが増えました。※最初にご報告を頂いたのは2016年3月9日。

 


無料ブログで記事を書きました。アドセンスに審査を申請しようと思い、http://○○○○.example.comをアドセンス審査の申請フォームに入力したのですが、エラーが表示されて先に進めません。どうすれば良いのでしょうか?


何度やってみても、審査申請フォームに入力しているURLがダメといった主旨のエラーが表示されてしまいます…。

 

これら、多くのお問い合わせ内容に共通しているのは、こちら↓のエラーメッセージ。


URL にはパス(example.com/path)やサブドメイン(subdomain.example.com)を使用できません。

 

さて、このエラーメッセージですが、めちゃくちゃ単純に解釈すると…


独自ドメイン以外使えないよ

 

ということを言っています。

 

要するに、これまでアドセンスの審査に使用可能だったサブドメイン形式(例:http://○○○○.nemoto.com)が、使えなくなってしまったということなのです。

 

2. 全世界で独自ドメイン必須化に

ご存知の方も多いかも知れませんが、実はこれまで、Googleアドセンスの審査にサブドメイン形式が使えていたのは日本だけでした。

諸外国ではもうかれこれ数年前から、独自ドメイン形式でしかアドセンスの審査には申し込めない、というのが当然の認識だったのです。

そういう意味では、ようやく日本も諸外国の仲間入りを果たしたということになります。

 

3. 無料ブログで審査申し込みを拒否された場合の対処法

当サイトではこれまでずっと、アドセンスの審査にはSo-netブログやファンブログといった無料ブログの使用をオススメしてきました。

※サブドメイン形式がいつ使用不可になってもおかしくない、という警告はしていましたが…。

 

しかし、当サイトを参考にして無料ブログでアドセンス審査用のブログを作成し、いざ、審査に申し込んでみたら…。受付拒否!

残念ながら、このような方がいらっしゃるのも事実です。

(「せっかく記事を書いたのに!!」という怒りの声が聞こえて来そうです…。)

 

そこで、このような方々のために、これまで書いた無料ブログの記事が無駄にならないように有効活用する方法をご紹介しておきます。

 

<審査拒否された無料ブログを有効活用する方法>

  1. 無料ブログにアップロード済みの記事内容をWordやメモ帳等にコピーする
  2. 新たに独自ドメインサイト(ブログ)を立ち上げる
  3. 独自ドメインサイト(ブログ)へコピーしておいた記事内容を貼り付ける(※この段階ではまだ公開せず、下書き保存しておく。)
  4. 無料ブログを削除する(※無料ブログをGoogle Search Consoleに登録している場合は必ず登録削除しておく。)
  5. 下書き保存しておいた記事を公開する
  6. 再度、アドセンスの審査を申請する

※1と2はどちらが先でもOKです。

 

ただし、上記の対処法の実践は必ず自己責任でお願い致します。

 

4. 独自ドメインブログでアドセンス審査を申し込む前に準備しておくこと

独自ドメインブログでアドセンス審査に申し込むには、当然ですが、まず独自ドメインブログを作る必要があります。独自ドメインブログを作るのは決して難しくありませんので、全く心配しなくて大丈夫です。

 

以下、独自ドメインブログでアドセンス審査を申し込む前に準備しておくことを書いておきます(※大まかな流れのみ)。またここでは、独自ドメインブログをWordPressで制作するという前提でお話します。

 

<独自ドメインブログを作ってアドセンス審査に申し込むまでの流れ>

  1. レンタルサーバーを契約する(月額1,000円程度)
  2. 独自ドメインを取得する(年間数十円~数千円まで様々)
  3. サーバーとドメインを関連付ける
  4. WordPressをインストールする
  5. 記事を投稿する
  6. Googleアドセンスに審査を申し込む

 

大まかな流れは上記の通りとなります。

 

もちろん、しっかりとしたWordPressブログを作る場合はもう少し作業工程が増えますが、「とりあえずアドセンスの審査用の独自ドメインブログを用意したい」という場合は…

  • プラグインの導入
  • FTPソフトのインストール
  • Google Search Consoleの登録
  • Googleアナリティクスの設定
  • SNSとの連携

については省略しても差し支えありません。

 

しかし、せっかくWordPressでブログを作るのであれば、こちら↓の記事を参考にしながら、アドセンスの審査通過後も使い回しができるようなWordPressブログを作っておくことをオススメします。


WordPressで集客に強いブログを構築する方法まとめ

※リンク先の記事内ではSNSとの連携についても言及していますが、アドセンスの審査段階においてはまだSNSとの連携はおこなわなくて大丈夫です。

 

5. まとめ

近頃、Googleアドセンスの審査方法が頻繁に変更されています。ここ最近の主な変更点はこちら↓。

  • 2015年11月 一次と二次の二段階方式が撤廃
  • 2016年3月 独自ドメイン必須化 ※当記事にて詳細を解説
  • 2016年5月 二段階方式が復活 ※暫定的なものなのか否か不明
  • 2016年5月 アドセンス審査が厳格化 ※暫定的なものなのか否か不明

これらの変更がどのような意図でおこなわれているのかはGoogleしか分からないところですが、個人的には、以前よりもアドセンスアカウントの取得が非常に難しくなってきていると感じています。

また、今後はアドセンスアカウントを取得するのが更に難しくなっていくのではないかと予想しています。

しっかりとAdSenseポリシー(規約)を守り、アドセンスアカウントを大事に運用していきましょう。

 


Googleアドセンス審査が独自ドメインを使っても否認される件について(追記日:2016年6月15日)

2016年月5月中旬頃より、Googleアドセンスの審査を独自ドメインで申し込みをしようとすると、「このURLではAdSenseにお申し込みいただけません」といったエラーが表示されてしまい、それ以上先へ進めないという問題が発生しています。
現時点ではまだGoogleからの正式な解決方法が発表されていないのですが、何とか先へ進める方法を考え、アドセンスアカウントを取得するところまで進むことができましたので、同様の問題でお悩みの方はこちらの記事アドセンス申請が独自ドメインなのにできない?解決方法を公開」をご覧下さい。

Googleアドセンス審査が厳格化したことで審査に落ちる人が続出している件について(追記日:2016年7月14日)

2016年月5月頃より、Googleアドセンスの審査が厳格化しています。この影響でアドセンス審査に落ちる人が続出しています。
今までは誰でも通ると言われていた一次審査ですら、なかなか通過できない状況です。実際に審査に落ちた方々のブログを見たり、お話を伺いながら、どうすれば現行のアドセンス審査を通過できるか?ということをまとめた記事「Googleアドセンス審査が厳格化!落ちた人に学ぶポイント10個(2016年下半期以降版)」を公開しましたので、審査に通過できずに困惑している方はぜひご覧になってみて下さい。

 

おすすめの記事